プラウド・メアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プラウド・メアリー
クリーデンス・クリアウォーター・
リバイバル
シングル
初出アルバム『Bayou Country
リリース
規格 レコード
録音 1968年後半
ジャンル ロック
時間
レーベル ファンタジー・レコード
作詞・作曲 ジョン・フォガティ
プロデュース ジョン・フォガティ
チャート最高順位
クリーデンス・クリアウォーター・
リバイバル
シングル 年表
"I Put a Spell on You"
1968年
"Proud Mary"
1969年
"Bad Moon Rising"
(1969年)
テンプレートを表示

プラウド・メアリー」(Proud Mary)は、アメリカ合衆国歌手ギタリストジョン・フォガティが作詞作曲した楽曲。フォガティがギターとリードヴォーカルを務めていたロックバンド、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(以下CCR)が1969年のアルバム『Bayou Country』で発表した。

解説[編集]

アルバム発売から間もない1969年1月にシングルカットされて発売されたこの曲は、CCR初のアメリカ合衆国のポップ・チャートトップ10を記録した楽曲となり、最高順位2位を記録した。この曲は、『ビルボードチャートで全米第1位を獲得できなかったアーティストの中で最も多くの全米第2位を記録したアーティスト』であるCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル#来歴も参照)の、計5作品ある全米第2位獲得作品のうち最初のものである。この曲は、「メアリー・エリザベス」(Mary Elizabeth)という名の蒸気船にちなんで製作された。

ちなみにジョン・フォガティは実物のメアリー・エリザベスを見てこの曲を作った訳ではなく、全くの想像で曲を書いたという。その後、この曲がヒットした事で観に行ったという逸話がある。

様式的には、この曲はいくつかのジャンルの要素を複合している―例えばロックンロールブルースゴスペルおよびソウルなどである―。しかしながら、この曲にはCCRの最も特徴的な要素も多数含まれている。例を挙げると繰り返されるギターリフ、「南部風」(down-home)の歌詞、そしてフォガティがブッカー・T&ザ・MG'sスティーヴ・クロッパーに影響を受けたというギターソロなどである。

「プラウド・メアリー」は、『ローリング・ストーン』誌が選ぶ最も偉大な500曲(the 500 greatest songs of all time)の第155位にランクインした。

カバー[編集]

「プラウド・メアリー」は長年にわたって多くのアーティストにカバーされている。

1969年の時点で、ソロモン・バークがこの曲のカバーをシングルとして発表し、エド・エイムズEd Ames)もアルバム『Windmills of Your Mind』に収録した。より良く知られたカバーとしては1970年代前半に発表されたステイタス・クォーによるものがある。1971年には、アイク&ティナ・ターナーによるカバーバージョンが発表された。このバージョンは原曲とは構成が大幅に異なるものであったが、原曲同様に知名度を上げ、ティナ・ターナーの代表曲の一つとなった。アイク&ティナ・ターナーによるバージョンは、ほぼソコ・リチャードソンSoko Richardson[1][2]アイク・ターナーによって編曲がなされており、官能的でスローテンポなオープニングとティナ・ターナーの語りによるイントロが含まれている。アイク&ティナ・ターナーによる「プラウド・メアリー」は、1971年のポップ・チャートで第4位を記録した。ティナ・ターナーとビヨンセは、第50回グラミー賞の際にこの曲のカバーを披露している。

エルヴィス・プレスリーもまた、1970年代前半のラスベガスでのコンサートやツアーにおいてしばしばこの曲を披露した。ライブアルバム『エルヴィス・オン・ステージVol.2』(1970年)や『エルヴィス・イン・ニューヨーク』『An Afternoon in the Garden』(1972年)にこの曲が収録されている。

日本においては、尾崎紀世彦のリサイタルで歌唱したバージョンが、ライブアルバム『尾崎紀世彦オン・ステージ』(1972年)に収録されている。1975年には、ザ・ピーナッツさよなら公演(尾崎紀世彦との共演バージョンもある)で歌唱した。キャンディーズによるバージョンは、ライブアルバム『Candies' Carnival For 10,000 People』(1975年、訳詞は竜真知子)、『蔵前国技館10,000人カーニバルVol.2 キャンディーズ・ライブ』(1976年、訳詞は森雪之丞)ほかに収録されている。前田亘輝は、ミニ・アルバム『LOOSE』(1987年)でこの曲を取り上げた。また、小島里美編曲による吹奏楽版も存在する。

出典[編集]

  1. ^ Soko Richardson press release from pressnetwork.com Fri Jan 30, 2004
  2. ^ Noted Soul Drummer Soko Richardson Dies February, 2004

関連項目[編集]