プブリウス・ウィッリウス・タップルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
プブリウス・ウィッリウス・タップルス
P. Villius Ti.f. Ti.n. Tappulus
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 ウィッリウス氏族
官職 按察官(紀元前204年)
法務官(紀元前203年)
前法務官(紀元前202年)
執政官(紀元前199年)
前執政官(紀元前198年)
指揮した戦争 第二次ポエニ戦争第二次マケドニア戦争
テンプレートを表示

プブリウス・ウィッリウス・タップルスラテン語: Publius Villius Tappulus、生没年不詳)は、紀元前3世紀後期から紀元前2世紀前半の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前199年執政官(コンスル)を務めた。

出自[編集]

タップルスはプレブス(平民)であるウィッリウス氏族の出身である。氏族の名前が記録に現れるのは紀元前449年であり、紀元前3世紀の終わりから紀元前2世紀の初めにかけて、ローマでも影響力のある氏族となった。パトリキであるクラウディウス氏族セルウィリウス氏族との関係が示唆される。プブリウスは氏族の中で最も著名な人物で、唯一の執政官である[1]

カピトリヌスのファスティによれば、父も祖父もプラエノーメン(第一名、個人名)はティベリウスである[2]が、名前以外のことは分からない。歴史学者は両者ともに同じコグノーメン(第三名、家族名)- タップルス - を持っていたと考えている[3]。紀元前199年の法務官(プラエトル)ルキウス・ウィッリウス・タップルスは兄弟と思われる[4]

経歴[編集]

タップルスの青年期に関しては不明である。しかし、政歴に関しては詳しく分かっている[3]紀元前204年にはプブリウス・アエリウス・パエトゥスと共に平民按察官(プレブス・アエディリス)に[5]、さらには両者とも翌紀元前203年には法務官(プラエトル)に就任した[6][7]。タップルスはシキリアに派遣され、前任者のマルクス・ポンポニウス・マトのために現地の艦隊を指揮した。紀元前202年第二次ポエニ戦争はまだ継続しており、タップルスは前法務官としてマトの任務を引き継ぎ、シキリア沿岸をカルタゴから防衛した[3]

紀元前201年にはローマに帰還[3]。第二次ポエニ戦争が終了すると、翌紀元前200年にかけて、スキピオ・アフリカヌスのアフリカ遠征軍の退役兵士のためにアプリア(現在のプッリャ州)とサムニウムの土地を分配する十人委員会の一員となった[8]

紀元前199年、タップルスは執政官に就任。同僚のパトリキ(貴族)執政官はルキウス・コルネリウス・レントゥルスであった。くじ引きの結果、タップルスは前年に勃発した第二次マケドニア戦争のために、バルカン半島に出征することとなった[9]

ピリッポス5世との戦争が始まってから2年目であったが、前年にバルカン半島に派遣された執政官プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムスは、明確な勝利を得ることはできなかった[10]。タップルスはガルバから軍を引き継いだが、元老院はその強化に関しては彼に一任した[11]。このためタップルスはしばらくイタリアに留まり、任地に到着したのは夏の終わりであった[12]プルタルコスによれば、タップルスは「ローマで1年を過ごし、公的業務をこなし、その後作戦を開始し、翌年も前執政官(プロコンスル)として軍を指揮する」ことを望んだ[13]

アポロニアで軍の指揮を執り始めて直ぐに、タップルスは兵の反乱に直面した。2,000人の古参兵士が長期間イタリアを離れているとの理由で、退役を主張したのである。タップルスは、兵士たちが軍務に戻ったならば、後にこれを考慮するとして沈静化した。その後軍は冬営に入り、タップルス自身もケルキラ島で冬をすごした。春になると、タップルスはピリッポスに対する行動を開始したが、ピリッポスはローマ軍の進路にあたる渓谷に防御線を敷いていた。タップルスは正面からの攻撃をかけるか迂回するかを決めねばならなかったが、決定前に新しい執政官ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌスがバルカン半島に上陸したとの報告が届いた。1世紀の歴史記録者ウァレリウス・アンティアス(en)は、タップルスがピリッポスを攻撃して完敗したとするが、ティトゥス・リウィウスが参照している記録の多くは、タップルスは軍の指揮をフラミニヌスに引渡し、軍事行動は行わなかったとしている[14][15]

紀元前197年、第二次マケドニア戦争の決定的な作戦が行われていたが、タップルスは前任者のスルピキウスと共に、フラミニヌスの軍のレガトゥス(副司令官)を務めた[16]キュノスケファライの戦いにも参加し、ピリッポスとの講和のための使節の一人となった[17]。この条約でピリッポスの領土はマケドニアに限定され、全ギリシアは解放された[18]

第二次マケドニア戦争が終結した後も、タップルスはローマの東方外交で重要な役割を果たした。紀元前196年にはセレウコス朝シリアアンティオコス3世とリシマキア湖(en)で会談[19][20]紀元前193年には、ピリッポスとの講和を交渉した他の使節とともに、ローマとの同盟関係を求めていたアンティオコスへの大使として派遣された。アンティオコスは当時小アジアで戦っており、ローマからのギリシアに干渉しないという要求に対して回答を避けており、タップルスの他ガルバ・マクシムスとプブリウス・アエリウス・パエトゥスが派遣されたものであった[21]。一行はまずアッタロス朝ペルガモンエウメネス2世を訪れ、続いてエフェソスに向かったが、そこでタップルスはハンニバルと会談している[22]アパメアで一行はアンティオコスと会談し、続いてエフェソスでも会談が開かれたが得るものはなかった。結果としてシリアとの戦争は避けられないものとなった[23]

紀元前192年初めにタップルスはローマに帰還したが、すぐに東方に外交任務のために派遣された[24]。フラミニヌス、グナエウス・セルウィリウス・カエピオとともにギリシア諸都市を廻り、「同盟の精神を維持する」[25]ことを確認した。その後のタップルスに関しての記録は無く、まもなく死去したものと思われる[26]

脚注[編集]

  1. ^ Münzer F. "Villius", 1958, s. 2160.
  2. ^ カピトリヌスのファスティ
  3. ^ a b c d Münzer F. "Villius 10", 1958, s. 2167.
  4. ^ Münzer F. "Villius 9", 1958 , s. 2165-2166.
  5. ^ Broughton, 1951, p. 307.
  6. ^ リウィウスローマ建国史』、XXIX, 38.5.
  7. ^ Broughton, 1951, p. 311.
  8. ^ Broughton, 1951, p. 322.
  9. ^ Broughton, 1951, p. 326.
  10. ^ Shofman, 1963 , II, 3, 2.
  11. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXII, 1.3.
  12. ^ Münzer F. "Villius 10", 1958, s. 2168.
  13. ^ プルタルコス対比列伝フラミニヌス』、3.
  14. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXII, 6.
  15. ^ Münzer F. "Villius 10", 1958, s. 2168-2169.
  16. ^ Broughton, 1951, p. 334.
  17. ^ Broughton, 1951, p. 338.
  18. ^ Münzer F. "Villius 10", 1958, s. 2169-2170.
  19. ^ ポリュビオス歴史』、XVIII, 48; 50,
  20. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXIV, 59.8.
  21. ^ Broughton, 1951, p. 348.
  22. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXV, 14.2-4.
  23. ^ Münzer F. "Villius 10", 1958, s. 2170-2171.
  24. ^ Broughton, 1951, p. 351.
  25. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXV, 23.5
  26. ^ Münzer F. "Villius 10", 1958, s. 2171.

参考資料[編集]

古代の資料[編集]

研究書[編集]

  • Shofman A. "The history of ancient Macedonia" - Kazan: Publishing house of the Kazan University, 1963.
  • Broughton R. "Magistrates of the Roman Republic" - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Münzer F. "Villius" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1958. - Bd. VIII, 2. - Kol. 2160.
  • Münzer F. "Villius 9" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1958. - Bd. VIII, 2. - Kol. 2165-2166.
  • Münzer F. "Villius 10" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1958. - Bd. VIII, 2. - Kol. 2166-2171.
公職
先代:
プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムス II
ガイウス・アウレリウス・コッタ
執政官
同僚:ルキウス・コルネリウス・レントゥルス
紀元前199年
次代:
ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌス
セクストゥス・アエリウス・パエトゥス・カトゥス