プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムスラテン語: Publius Sulpicius Galba Maximus, 紀元前3世紀頃 - 紀元前2世紀頃)は、共和政ローマの政治家。

第二次ポエニ戦争中の紀元前211年、ガルバは執政官に就任した。この年、カルタゴハンニバルが、軍を率いて首都ローマまで迫った。ガルバの手元には2個軍団があったが、彼は正面対決を避け、ハンニバルが後退するのを待った。

ガルバは紀元前210年紀元前206年にギリシャの属州総督(プロコンスル)となり、第一次マケドニア戦争を戦った。ガルバはローマの艦隊を率いてエーゲ海に入り、紀元前210年にアイギナ島を占拠した。しかし、他にこれといった戦果はほとんどなく、ギリシャ本国ではマケドニアの優勢下で戦争は終わった。

紀元前203年、ガルバは独裁官に就任、紀元前200年には再び執政官に選出され、第二次マケドニア戦争を主導した。ガルバはアポロニアに上陸し、西方からマケドニアに侵攻した。戦果は目立ったものではなかったが、アイトーリアをローマの同盟国とすることに成功した。

紀元前197年紀元前196年、ガルバはティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌスの下でギリシャ問題にあたった。また、外交官としてセレウコス朝アンティオコス3世の下へ派遣された。