ルキウス・コルネリウス・レントゥルス (紀元前199年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス
L. Cornelius L.f. L.n. Lentulus
出生 不明
死没 紀元前173年
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 執政官代理(紀元前206年 - 200年)
執政官(紀元前199年)
指揮した戦争 第二次ポエニ戦争
テンプレートを表示

ルキウス・コルネリウス・レントゥルスラテン語: Lucius Cornelius Lentulus、- 紀元前173年)は紀元前3世紀後期から紀元前2世紀前半の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前199年執政官(コンスル)を務めた。

出自[編集]

レントゥルスはエトルリアに起源を持つパトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身であるが、コルネリウス氏族はローマでの最も強力で多くの枝族を持つ氏族でもあった[1][2]。レントゥルスのコグノーメン(第三名、家族名)が最初に確認できる人物は、紀元前327年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルスであるが、コルネリウス氏族の他の枝族との関係は不明である[3]。グナエウスはこのルキウスの直接の子孫ではないと思われる。

レントゥルスの父は紀元前237年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌス、祖父は最高神祇官紀元前275年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌスである。祖父ルキウスはマニウス・クリウス・デンタトゥスとともにベネウェントゥムの戦いピュロスに勝利したことで知られる[4]

兄のグナエウス・コルネリウス・レントゥルス紀元前203年に執政官を務めた[4][5]

経歴[編集]

レントゥルスの初期の経歴に関する明確な情報は無い。ルキウス・コルネリウス・レントゥルスという名前の人物はしばしば記録に登場し、紀元前211年の法務官(プラエトル)でサルディニア属州総督[6]紀元前209年マルクス・クラウディウス・マルケッルスレガトゥス(副官)でガイウス・クラウディウス・ネロの同僚[7][8]紀元前205年高級按察官(アエディリス・クルリス)[9]。加えて、紀元前209年にはルキウス・コルネリウス・レントゥルス・カウディヌスがアエディリス・クルリスを務めたとされる[10]。歴史家フリードリッヒ・ミュンツァーは紀元前205年のアエディリス・クルリスが紀元前199年の執政官レントゥルスであるとしている[11]。一方で、紀元前205年のアエディリス・クルリスは彼のいとこのプブリウスが誤記されたものとの説もある。この場合、紀元前209年のアエディリス・クルリスが紀元前199年の執政官と思われる[12]。また紀元前211年の法務官が紀元前199年の執政官と同一人物との意見もある[13]

第二次ポエニ戦争中、レントゥルスはプブリウス・コルネリウス・スキピオ(後のアフリカヌス)の下でイベリア半島で戦った。紀元前206年末には、レントゥルスとルキウス・マンリウス・アキディヌス(en)の両名を執政官代理(プロコンスル)としてイベリアに残し、スキピオはローマに戻った[14][15]。レントゥルスもアキディヌスも執政官の経験はなかったが、この任命は民会で正式に認められたと思われる[16]

スキピオは年末の政務官選挙までにローマへ戻るために、イベリアを去るにあたり、従属した現地部族と寛大な講和条約を結んでいた。征服した土地に守備部隊を置かず、武装解除も求めず、また捕虜さえもとらなかった。その結果、翌紀元前205年には一部の部族が反乱を起こした[17]ティトゥス・リウィウスによると反乱軍は34,000の兵力を有したが[18]、レントゥルスとアキディヌスに敗北した。反乱した部族はローマに賠償金を支払い、また人質を差し出した[19]

イベリアにおけるレントゥルスのインペリウム(軍事指揮権)は何度も更新され、ローマに戻ったのは紀元前200年のことであった[20]。レントゥルスは凱旋式の実施を求めたが、元老院は彼の勝利の価値は認めたものの、独裁官、執政官、法務官を経験していない将軍が凱旋式を実施した前例は無いとしてこれを認めず、代わりに小凱旋式の実施を認めた[21]

紀元前199年には執政官に就任。同僚のプレブス執政官はプブリウス・ウィッリウス・タップルスであった[22]。タップルスは第二次マケドニア戦争のためにバルカン半島に出征したが、レントゥルスはイタリアに留まった。監察官の選挙を実施し、ガリア・キサルピナでの法務官プブリウス・ウィッリウス・タップルスの敗北を知ると、タップルスに代わって軍の指揮を執った。しかし、年末の政務官選挙のためにローマに戻る必要があり、レントゥルスは戦況を好転させることはできなかった[23]

第二次マケドニア戦争が終結すると、レントゥルスは外交使節としてセレウコス朝シリアアンティオコス3世に派遣され、エーゲ海地域の征服の中止と、占領した地域をプトレマイオス朝エジプトに返還するよう求めた[24]。リシマキア湖(en)で会談が行われたものの、アンティオコスはローマの要求に従うことを拒否、レントゥルス等に対して既にエジプトとは講和したと述べた。レントゥルスはアレクサンドリアに行くことを計画し、実施に訪問したと思われる[25][26][27][28]

レントゥルスは紀元前173年に死去した。この時点で聖なる儀式を執り行う十人委員会の一員であった[29]

脚注[編集]

  1. ^ Haywood R., 1933, p. 22.
  2. ^ Bobrovnikova T., 2009, p. 346-347.
  3. ^ Münzer F. "Cornelii Lentuli", 1900 , s.1356.
  4. ^ a b RE. Stuttgart, 1900. B. VII. S.1359-1360
  5. ^ Münzer F. "Cornelius 188", 1900, s. 1367.
  6. ^ Broughton T., 1951 , p. 273
  7. ^ リウィウスローマ建国史』、XXVII, 14.4.
  8. ^ Broughton T., 1951, p. 288.
  9. ^ Broughton T., 1951, p. 302.
  10. ^ Broughton T., 1951, p. 286.
  11. ^ Münzer F. "Cornelius 188", 1900, s.1367.
  12. ^ Sumner G., 1970, p. 89.
  13. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXVIII, note.
  14. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXVIII, 38, 1.
  15. ^ Broughton T., 1951, p. 299.
  16. ^ Sumner G., 1970, p. 90.
  17. ^ Trukhina N., 1986 , p.77.
  18. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXIX, 1.19-26.
  19. ^ アッピアノス『ローマ史:イベリア・ローマ戦争』、38
  20. ^ Broughton T., 1951, p. 302, 307, 312, 317.
  21. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXI, 20.
  22. ^ Broughton T., 1951, p. 326.
  23. ^ Münzer F. "Cornelius 188", 1900, s.1367-1368.
  24. ^ Broughton T., 1951, p. 337
  25. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXXIII, 39-41.
  26. ^ アッピアノス『ローマ史:シリア戦争』、, 3.
  27. ^ ポリュビオス歴史』、XVIII, 49-52.
  28. ^ Münzer F. "Cornelius 188", 1900 , s. 1368.
  29. ^ リウィウス『ローマ建国史』、ХLII, 10.2.

参考資料[編集]

古代の資料[編集]

研究書[編集]

  • Broughton T. "Magistrates of the Roman Republic" - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Münzer F. "Cornelii Lentuli" // RE. - 1900. - Bd. VII. - Kol. 1355-1357.
  • Münzer F. "Cornelius 188" // RE. - 1900. - Bd. VII. - Kol. 1367-1368.
  • Sumner G. "Proconsuls and "Provinciae" in Spain, 218/7 - 196/5 BC" // Arethusa. - 1970. - T. 3.1 . - P. 85-102 .
  • Trukhina N. "Politics and politics of the "golden age" of the Roman Republic" - M .: Publishing house of the Moscow State University, 1986. - 184 p.

関連項目[編集]

公職
先代:
プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムス II
ガイウス・アウレリウス・コッタ
執政官
同僚:プブリウス・ウィッリウス・タップルス
紀元前199年
次代:
ティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌス
セクストゥス・アエリウス・パエトゥス・カトゥス