プブリウス・アエリウス・パエトゥス (紀元前201年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プブリウス・アエリウス・パエトゥス
P. Aelius Q.f. P.n. Paetus
出生 不明
死没 紀元前174年
出身階級 プレブス
氏族 アエリウス氏族
官職 鳥占官(紀元前208年-174年)
按察官(紀元前204年)
法務官(紀元前203年)
騎兵長官(紀元前202年)
執政官(紀元前201年)
監察官(紀元前199年)
指揮した戦争 第二次ポエニ戦争
テンプレートを表示

プブリウス・アエリウス・パエトゥスラテン語: Publius Aelius Paetus、- 紀元前174年)は紀元前3世紀後期から紀元前2世紀前半の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前201年執政官(コンスル)、紀元前199年監察官(ケンソル)を務めた。

出自[編集]

パエトゥスはプレブス(平民)であるアエリウス氏族の出身。氏族最初の執政官は紀元前337年プブリウス・アエリウス・パエトゥスであった[1]。カピトリヌスのファスティによれば、父のプラエノーメン(第一名、個人名)はクィントゥス、祖父はプブリウスである[2]。父クィントゥスは神祇官を務めており、紀元前217年の執政官選挙に立候補したが落選、紀元前216年カンナエの戦いで戦死した[3]。弟のセクストゥス・アエリウス・パエトゥス・カトゥス紀元前198年に執政官を務めた[4]

紀元前167年の執政官クィントゥス・アエリウス・パエトゥスは息子である。

経歴[編集]

パエトゥスが記録上、最初に現れるのは紀元前208年のことである[5]マルクス・クラウディウス・マルケッルスの死去に伴って鳥占官(アウグル)に就任した[6][7]紀元前204年には按察官(プレブス・アエディリス)[8]、同年末には政務官選挙に立候補し、翌年の法務官(プラエトル)に当選した[9]。くじ引きによって、パエトゥスは首都に留まり裁判を担当することとなった[5][10]ヌミディアでの戦い(キルタの戦い)でのスキピオ・アフリカヌスの勝利を民会で報告したのは、パエトゥスであった[11]

紀元前202年、政務官選挙のために独裁官(ディクタトル)ガイウス・セルウィリウス・ゲミヌスが任命されると、パエトゥスはマギステル・エクィトゥム(騎兵長官)に指名された[12]。伝統的な独裁官制度としては、これが最後のものであった[13]

紀元前201年には執政官に就任[14]。同僚のパトリキ(貴族)執政官はグナエウス・コルネリウス・レントゥルスであったが、レントゥルスは自身の栄光を求めてアフリカへの出征を希望した。ティトゥス・リウィウスによると、パエトゥスはレントゥルスがスキピオを邪魔することは無理と考え、あえてこれに反対しなかった[15]。パエトゥス自身はガリア・キサルピナを担当し、反乱したガリア人と戦ったが、大きな勝利を収めることはできなかった。年末にはローマに戻り、執政官として翌年の政務官選挙を管理した[5]

執政官任期の終わり頃から翌年にかけて、スキピオのアフリカ遠征軍の退役兵士たちにアプリア(現在のプッリャ州)とサムニウムの土地を分配する十人委員会を[16]紀元前199年にはナルニアに植民市を建設する三人委員会を務めた[17]。また、紀元前199年にはスキピオとともに監察官(ケンソル)に就任した。パエトゥスは同僚のスキピオを元老院筆頭(プリーンケプス・セナートゥース)として、元老院名簿および騎士階級からの除名は実施せず、また人口調査も行わなかった。紀元前196年にはプブリウス・ウィッリウス・タップルスプブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムスとともにセレウコス朝シリアアンティオコス3世の元に派遣され、ギリシア問題に介入しないよう申し入れた[18]。使節はペルガモンエウメネス2世を訪問し、続いてエフェソスでミノア王と会談した。これら一連の会議の後、シリアとの戦争は避けられないことが明白となった[19]

紀元前174年、パエトゥスは流行病のために死亡した[20]

脚注[編集]

  1. ^ Münzer F. "Aelius", 1893, s. 489.
  2. ^ カピトリヌスのファスティ
  3. ^ Münzer F. "Aelius 103", 1893, s. 526.
  4. ^ Münzer F. "Aelius 105", 1893, s. 527.
  5. ^ a b c Münzer F. "Aelius 101", 1893 , s. 526.
  6. ^ リウィウスローマ建国史』、XXVII, 36.5.
  7. ^ Broughton, 1951, p. 293.
  8. ^ Broughton, 1951, p. 307.
  9. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXIX, 38, 4.
  10. ^ Broughton, 1951, p. 311.
  11. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXX, 17.3.
  12. ^ Broughton, 1951 , p. 316.
  13. ^ Münzer F. "Servilius 60", 1942, s. 1793.
  14. ^ Broughton, 1951, p. 319.
  15. ^ リウィウス『ローマ建国史』、XXX, 40.7-8.
  16. ^ Broughton, 1951, p. 322.
  17. ^ Broughton, 1951, p. 329.
  18. ^ Broughton, 1951, p. 348.
  19. ^ Münzer F. "Sulpicius 64", 1931, s. 808.
  20. ^ リウィウス『ローマ建国史』、 XLI, 21.8.

参考資料[編集]

古代の資料[編集]

研究書[編集]

  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Münzer F. "Aelius" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 489.
  • Münzer F. "Aelius 101" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 526.
  • Münzer F. "Aelius 103" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 526-527.
  • Münzer F. "Aelius 105" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1893. - Bd. I, 1. - Kol. 527.
  • Münzer F. "Servilius 60" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1942. - Bd. II A, 2. - Kol. 1792-1794.
  • Münzer F. "Sulpicius 64" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. - 1931. - Bd. II, 7. - Kol. 801-808.

関連項目[編集]

公職
先代:
ティベリウス・クラウディウス・ネロ
マルクス・セルウィリウス・プレクス・ゲミヌス
執政官
同僚:グナエウス・コルネリウス・レントゥルス
紀元前201年
次代:
プブリウス・スルピキウス・ガルバ・マクシムス II
ガイウス・アウレリウス・コッタ
先代:
マルクス・リウィウス・サリナトル
ガイウス・クラウディウス・ネロ
紀元前204年 XLV
監察官
同僚:スキピオ・アフリカヌス
紀元前199年 XLVI
次代:
セクストゥス・アエリウス・パエトゥス・カトゥス
ガイウス・コルネリウス・ケテグス
紀元前194年 XLVII