ブハイラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブハイラ県
محافظة البحيرة
ブハイラ県の市旗
位置
エジプト全図からのブハイラ県 赤色の部分がブハイラ県に当たるの位置図
エジプト全図からのブハイラ県
赤色の部分がブハイラ県に当たる
ブハイラ県詳細位置図の位置図
ブハイラ県詳細位置図
行政
 エジプト
  ブハイラ県
知事 ムスタファ・カーメル・ハドフード
地理
面積  
   10,130 km2 (3801 mi2)
人口
人口 (2006年現在)
   4,737,129人
    人口密度   468人/km2
  備考 政府による国政調査
公式ウェブサイト : الموقـــع الرســـمى لمحافظـــة البحيـــرة

ブハイラ県(ブハイラけん、英語: Beheira Governorateアラビア語: محافظة البحيرة‎)は、エジプトにある県庁所在地は、ダマンフール首都カイロから135km北に位置する。総人口は4,737,129人(2006年[1]。西にアレクサンドリア県と接し、東にカフル・アッシャイフ県ガルビーヤ県ミヌーフィーヤ県ギーザ県と接する。日本ではベヘイラ県とも表記される。

概要[編集]

ブハイラ県は、エジプトの交通の要所であり、カイロに繋がる砂漠道路・農業専用道路・国際道路・環状道路と4つの高速道路が整備されている。県内には、コプト正教会などのキリスト系東方教会などの聖堂などが数多く存在する。また、ブハイラ県は工業地帯であり、工業製品が生産される一方、北側の地中海に面する場所では、漁業が行われている。

統計[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国政調査 エジプト政府 2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]