フリードリヒ・ヘッベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・ヘッベル

クリスティアン・フリードリヒ・ヘッベル (Christian Friedrich Hebbel、1813年3月18日 - 1863年12月13日)はドイツの劇作家・詩人・小説家。

北ドイツ、ホルシュタイン州のヴェッセルブーレンに生まれた。家が貧しかったため独学で教養を身につけ創作を試みた。やがて愛人エリーゼ・レンジングの献身に支えられて処女作『ユーディット』を完成。その後各地を旅行し、ウィーンで知り合った女優クリティーネ・エングハウスと結婚したが、それまで尽くしてくれたエリーゼを裏切る形となった。劇作家としては『ゲノフェーファ』、『マリア・マグダレーネ』、『ヘロディアスとマリアンネ』、『ギュゲスとその指輪』、『ニーベルンゲン』三部作などを次々と完成し、19世紀ドイツ最大の悲劇作家とされるほか、叙情詩や短編小説、そして日記も評価が高い。

日本語訳[編集]

研究書[編集]

  • 『内なる声の軌跡:劇作家ヘッベルの青春と成熟』、谷口茂冨山房、1992年〔ヘッベルの日記の抄訳に訳者解説を加えたもの〕

参考文献[編集]

  • 吹田順助『ヘッベル』(岩波書店)