大畑末吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大畑 末吉(おおはた すえきち、1901年10月17日 - 1978年4月25日)は、ドイツ、北欧文学者、翻訳家

略歴[編集]

アンデルセンの著作を日本でデンマーク語の原典から初めて翻訳し、長く森鴎外のドイツ語からの訳で読まれていた『即興詩人』を原典から訳した。

指導学生に宮野悦義(一橋大学名誉教授)がいる[1]。他にゼミ生がおらず一対一の指導になったという[2]

著書[編集]

  • 『アンデルセンの生涯』 羽田書店、1949年
  • 『アンデルセン』 松田穰絵、講談社〈世界伝記全集 11〉、1955年
  • 『ゲーテ哲学研究 ゲーテにおけるスピノチスムス』 河出書房新社、1964年
  • 『ファウスト論集』 早稲田大学出版部、1972年

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]