フランツ・フォン・ツァハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランツ・フォン・ツァハ

フランツ・クサーヴァー・フォン・ツァハ男爵[1](Franz Xaver Freiherr von Zach, 1754年6月4日 - 1832年9月2日)は、オーストリア(現在はハンガリー)生まれのドイツ天文学者。行方不明になっていた小惑星ケレスを再発見した。

L'attraction des montagnes, 1814

1754年6月4日、ペシュト(現在のハンガリーブダペスト)、一説にブラチスラヴァ(現在はスロヴァキア)に生まれる(いずれも当時はハプスブルク帝国時代のハンガリー王国領)。1783年ロンドンザクセン公使の家庭教師となる(1786年まで)。

1786年ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公エルンスト2世ドイツ語版に招かれ、公領のゴータゼーベルク天文台を建設する。1791年、台長に就任する(1806年まで)。

1787年ティティウス・ボーデの法則が予言する、火星木星の間にあるという惑星(後に「小惑星」と呼ばれる)の捜索を始める。

1800年(一説に1799年)、リリエンタール執政官で天文学者のヨハン・シュレーター (Johann Hieronymus Schröter) と共に、共同捜索チーム未知惑星捜索連盟(通称リリエンタール探偵団 、Lilienthal Detectives)を組織した。団員は、異説もあるが、ツァハ、シュレーター(団長)、カール・ハーディングハインリヒ・オルバースフェルディナント・フォン・エンデ (Ferdinand Adolf von Ende)、ヨハン・ギルデマイスター (Johann Gildemeister) の6人(24人いたとする資料もある)。彼らは、黄道を24分割し、分担して捜索を始めた。

1801年1月1日ジュゼッペ・ピアッツィが、最初の小惑星ケレスを発見した。しかし、2月11日の観測を最後に、ケレスは行方不明になった。

1801年12月31日、ツァハは、カール・フリードリヒ・ガウスによる軌道計算を元に、ケレスを再発見した。この経緯から、ケレスの発見者をピアッツィ、ガウス、ツァハの3人とする資料もある。ただし、国際天文学連合 (IAU) 小惑星センター (MPC) は、ピアッツィの単独発見としている。

なお、ツァハ自身は新小惑星を発見することはなかったが、1802年から1807年にかけて、リリエンタール探偵団のオルバースがパラスベスタを、ハーディングがジュノーを発見している。

1806年から、ある伯爵未亡人の南ヨーロッパ旅行に随伴する。

1832年9月2日、フランスパリで死去した。

天文学者として以外に、地理Tables of the Sun の出版(1792年)や、3つの学術雑誌の編集(1798年 - 1826年)でも知られる。

小惑星 (999) ツァッヒアと、月のクレーターツァハは、ツァハにちなんで名づけられた。ちなみに、小惑星 (999) から (1001) の名前は、ツァッヒア、ピアッツィアガウシアで、ケレスの発見者と再発見者3人の名前が並んでいる。

小惑星 (64) アンジェリーナは、彼がマルセイユ近郊に建てた観測施設にちなんで名づけられた。

脚注[編集]

  1. ^ 原語での名前の3語目「Freiherr」(フライヘル)は「男爵」にあたり、ファーストネームやミドルネームではない。また、「フォン」は厳密には姓の一部。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]