カール・ハーディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ハーディング
人物情報
生誕 1765年9月29日
ドイツの旗 ドイツ、ラウエンブルク/エルベ
死没 1834年8月31日(満68歳没)
学問
研究分野 天文学
テンプレートを表示

カール・ルートヴィヒ・ハーディング(Karl Ludwig Harding、1765年9月29日 - 1834年8月31日)は、ドイツ天文学者小惑星帯小惑星 (3) ジュノーを発見したことで知られる。

彼は、1796年ヨハン・ヒエロニムス・シュレーターの息子の家庭教師として雇われる。Junoはこのシュレーターの観測所で発見された。その後、彼はゲッティンゲンに赴き、カール・フリードリヒ・ガウスの助手に採用された。

1805年からゲッティンゲン大学天文学教授となる。彗星の観測などの指導を行い、三つの新しい彗星を発見。また120,000の星を網羅したAtlas novus coelestisも刊行している。

ハーディング・クレーター小惑星 (2003) ハーディングは彼の名前にちなんで名づけられたものである。