フメイミム空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フメイミム空軍基地
Авиабаза «Хмеймим»
シリアバーセル・アル=アサド国際空港英語版
ラタキア近く
Russian military aircraft at Latakia, Syria (1).jpg
フメイミム空軍基地から離陸するSu-24爆撃機
フメイミム空軍基地の位置(シリア内)
フメイミム空軍基地
フメイミム空軍基地の場所
座標 北緯35度24分42秒 東経35度56分42秒 / 北緯35.41167度 東経35.94500度 / 35.41167; 35.94500
施設情報
所有者 在シリアロシア軍
運営者 ロシア航空宇宙軍
歴史
建設 2015年 (2015)
使用期間 2015-present
飛行場情報
標高 48メートル (157 ft) AMSL
滑走路
方向 全長・表面
17/35 2,797メートル (9,177 ft) Asphalt

フメイミム空軍基地}またはフメイミーム空軍基地ロシア語: Авиабаза «Хмеймим»,英語: Khmeimim (Hmeimim) Air Base)は、シリアラタキア市南東にあるロシア軍空軍基地。2018年時点、シリアに展開するロシア空軍機の基地となっている。隣接するバーセル・アル=アサド国際空港英語版と一部施設を共有しているが、フメイミム空軍基地はロシア人要員のみで運用される[1]

経歴[編集]

シリア騒乱において、ロシアはアサド政権を支援して軍事介入ことを決定。フメイミム空軍基地は2015年中頃、ISILなど反体制派に対するロシア軍の空爆作戦の戦略的中核となる基地としてバーセル・アル=アサド英語版 国際空港の隣に建設された[2]。アメリカはフメイミム空軍基地の存在を同年9月上旬に確認し、シリア内戦がエスカレートする可能性を憂慮した。9月には、フメイミム空軍基地はロケット弾BM-21と思われる)の攻撃を受けている[1]同月30日、フメイミム空軍基地の運用が開始され[3][4][5]、2016年3月までに攻撃機ヘリコプターが約6,000ソーティ(出撃回数)の地上攻撃任務を行っている[6]

2015年11月24日、トルコ空軍機によって撃墜された(ロシア軍爆撃機撃墜事件Su-24爆撃機は、 フメイミム空軍基地へ帰投中に撃墜されたと報道されている[7]。撃墜事件後の12月、基地防空のためにS-400 (SA-21)地対空ミサイルが配備された[8][9]。一方で北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍最高司令官(当時)のフィリップ・M・ブリードラブ英語版大将は9月、フメイミム空軍基地のような在シリアのロシア軍基地に防空システムを配備することは、事実上飛行禁止区域を設けているようなものだとコメントしている[10][11]

2016年3月14日のウラジーミル・プーチン大統領によるシリアからのロシア軍撤退宣言後、Su-25地上攻撃機をはじめとする一部作戦機の撤収が行われている。しかし依然としてSu-30SM戦闘機やSu-34戦闘爆撃機、Su-24爆撃機、地対空ミサイル等がフメイミム空軍基地に駐屯を続けており、フメイミム空軍基地からの航空作戦は継続され、[12][13]シリア内戦の帰趨を決した2016年12月のシリア政府軍によるアレッポ奪還や、2017年9月から11月にかけてのデリゾール打倒・解放作戦においても重要な役割を果たした。

2017年12月11日、プーチン大統領がアサド大統領と共にシリアにあるロシア軍のフメイミム空軍基地を電撃訪問し、過激派組織に対するロシア軍のシリア政府支援はほぼ終了したと述べたが、軍事作戦は終了するものの同空軍基地及びタルトゥース海軍補給処への駐留は引き続き継続するとしている。

基地運用[編集]

基地の建設は一から行われた[2]。1,000人を収容する冷房付きの居住施設は数か月のうちに完成[2][5]、その他に管制塔[5]滑走路の拡張[1]、弾薬貯蔵施設、露天駐機場、給油場が建設された。[14]補給物資はロシア本土から空輸あるいは[2]フメイミム空軍基地から50 km (31 mi)のタルトゥース経由で海上輸送されている[14]

フメイミム空軍基地ではAn-124Il-76輸送機のほか、約50機ほどの戦闘機・攻撃機を運用でき[要説明]、Su-24爆撃機、Su-25対地攻撃機、Su-34戦闘攻撃機などが実際に運用されている[2][14]。そのほかT-90戦車やBTR-82装甲兵員輸送車砲兵部隊、パーンツィリ-S1防空システムやS-400地対空ミサイルといった防空部隊、Mi-24攻撃ヘリコプター、Mi-8輸送ヘリコプターが駐屯している。

前述のトルコ空軍機によるロシア軍爆撃機撃墜事件後、2016年1月末にはSu-35戦闘機が配備され[15]、2月にはTu-21R電子偵察機が配備された[16][17]。 2016年3月20日時点で、次の機体が確認されている[18]

Su-35S多用途戦闘機×3機
Su-30SM多用途戦闘機×4機
Su-34戦闘爆撃機×4機
Su-24M戦闘爆撃機×12機
Ka-52攻撃ヘリコプター×2機

2018年時点ではA-50早期警戒管制機も2機配備されている[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Syria rebels target airport used by Russia”. NOW (2015年9月29日). 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e “Russian airbase in Syria: RT checks out everyday life at Latakia airfield”. RT. (2015年10月3日). https://www.rt.com/news/317528-latakia-russian-khmeimim-airbase/ 2015年11月23日閲覧。 
  3. ^ Johnlee Varghese (2015年11月11日). “Russia in Syria: 50 journalists from 12 countries visit Russian base in Latakia”. International Business Times. 2015年12月7日閲覧。
  4. ^ Luis Martinez (2015年9月9日). “Russian Build-Up Continues at Base in Syria, Causing Concern Among US Officials”. ABC News. 2015年11月24日閲覧。
  5. ^ a b c Rob Crilly (2015年9月5日). “Russia 'is building military base in Syria'”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/syria/11846382/Russia-is-building-military-base-in-Syria.html 2015年11月24日閲覧。 
  6. ^ “9,000 sorties, 400 localities freed: What Russia has achieved during its 5-month Syria operation”. RT. (2016年3月14日). https://www.rt.com/news/335596-russia-syria-operation-results/ 2016年3月15日閲覧。 
  7. ^ Минобороны РФ: российский Су-24 сбили при возвращении на авиабазу в Сирии” (Russian). Russian News Agency TASS (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
  8. ^ Moscow to deploy S-400 defence missile system to Khmeimim airbase in Syria”. RT (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  9. ^ John J. Xenakias (2015年11月29日). “World View: Russia’s Military Buildup a Game-Changer in Syria”. Breitbart. 2015年12月3日閲覧。
  10. ^ Top NATO general: Russians starting to build air defense bubble over Syria”. The Washington Post (2015年9月29日). 2015年12月23日閲覧。
  11. ^ Putin Has His Own No-Fly Zone in Syria”. Bloomberg (2015年10月2日). 2015年12月23日閲覧。
  12. ^ ロシア軍のシリア撤退 3つの狙い(小泉悠)”. Yahoo!ニュース. 2016年10月2日閲覧。
  13. ^ No sign of Russian Su-25s in Syria”. IHS Jane's Defence Weekly. 2016年10月2日閲覧。
  14. ^ a b c Report from the Syria Frontline”. South Front (2015年10月3日). 2015年11月23日閲覧。
  15. ^ “Russia’s cutting edge Su-35 fighters to be on 24-hour alert at Latakia base”. RT. (2016年2月6日). https://www.rt.com/news/331545-su-35-deployed-latakia/ 2016年2月6日閲覧。 
  16. ^ Аналитики обнаружили в Сирии секретный российский самолет-разведчик NEWSru, 16 February 2016.
  17. ^ Russia has just deployed its most advanced spyplane to Syria
  18. ^ ロシア軍のシリア「撤退」から2週間 依然として強力な兵力残すロシア(小泉悠)”. Yahoo!ニュース. 2016年10月2日閲覧。
  19. ^ 「露 シリア作戦負担重く/軍事介入2年半/戦費4300億円 犠牲者も」「駐留主力 民間い傭兵か」『読売新聞』朝刊2018年4月21日(国際面)。

外部リンク[編集]