フィーノホテルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社フィーノホテルズ
FINO Hotels Co.,Ltd
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本
101-0035
東京都千代田区岩本町1-12-3 山崎共同ビル3F
設立 2007年4月3日
業種 サービス・ホテル業
事業内容 ホテルの経営・運営・コンサルティングなど
代表者 代表取締役社長 高倉 茂
資本金 9、900万円(2017年3月31日現在)
従業員数 127名
決算期 3月
主要株主  価値開発株式会社
主要子会社  
テンプレートを表示

株式会社フィーノホテルズ(Fino Hotels.Co.Ltd)は、、東証2部価値開発株式会社の100%子会社で、ホテルの経営、運営管理、コンサルティング業務を行う会社。

価値開発が「ベストウエスタン」のADO(Area Development Organization)として日本における開発権を保持しており、実際の運営は、 運営会社のフィーノホテルズがオペレーターとしてホテル運営・管理を行っている。

概要[編集]

フィーノ(Fino)とはポルトガル語で「繊細な・上質な・品のある」の意味。 建築・不動産コンサルティング会社都市デザインシステム(2008年に民事再生法適用申請を行い(民事再生に伴い社名をTDシステムに変更))がホテル業進出の一環で、2007年4月に株式会社フィーノホテルズとして設立。  2007年12月にホテルフィーノ札幌を開業し、札幌市内では久々となるホテル新規開業競争の先陣をきった[1]

 2008年10月に経営不振に陥った都市デザインシステムから、価値開発株式会社がフィーノホテルズ株式会社を買収。価値開発が2008年11月にアメリカのB&Bホテルチェーンであるベストウエスタンの日本国内における独占ライセンスを締結した事により、ベストウエスタンブランドを前面に出した運営を行っている。また、2009年には親会社の意向によりクリードからカンデオホテルズを運営するカンデオ・ホスピタリティ・マネジメントらを買収している。2012年株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント及び株式会社溜池管財の全株式の売却により連結範囲から除外された。 2017年5月現在は価値開発の子会社として、ベストウェスタンホテルブランド10軒(直営5軒・FC5軒)の運営及び管理、フランチャイズを行っている。

== 運営ホテル ==   2017年5月現在

  • ベストウェスタン 沖縄恩納ビーチ(沖縄県恩納村) - 旧 AJホテル恩納
  • ベストウェスタン 沖縄幸喜ビーチ(沖縄県名護市) - 旧 AJホテル幸喜
  • ベストウェスタン ホテルフィーノ大阪心斎橋(大阪府大阪市
  • ベストウェスタン ホテル名古屋(愛知県名古屋市) - 旧 ホテルプリシード名古屋

関連会社運営ホテル

FCホテル

2017年開業予定

  • ベストウェスタン大阪塚本(大阪府大阪市) - 旧 オークスリーゼ塚本
  • ベストウェスタン山形エアポート(山形県東根市) - 旧 イーストプラザ東根

2018年開業予定

  • ベストウェスタンホテルフィーノ千歳(北海道千歳市) - 新築
  • ベストウェスタンホテルフィーノ東京秋葉原(東京都台東区) - 新築
  • ベストウェスタンホテルフィーノ大阪北浜(大阪府大阪市) - 新築

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (クロスホテル札幌(オリックス不動産)、ホテルトリニティ札幌(リゾートソリューション)など同規模の施設が相次いで開業している)