フアン・イグナシオ・チェラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フアン・イグナシオ・チェラ
Juan Ignacio Chela
Tennis pictogram.svg
Juan Ignacio Chela.jpg
フアン・イグナシオ・チェラ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
出身地 ブエノスアイレスの旗ブエノスアイレス特別区
生年月日 (1979-08-30) 1979年8月30日(39歳)
身長 190cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2012年
ツアー通算 9勝
シングルス 6勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 431勝401敗
シングルス 322勝277敗
ダブルス 109勝124敗
生涯獲得賞金 $6,572,494
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2006)
全仏 ベスト8(2004・11)
全英 2回戦 (2003・04・07)
全米 ベスト8(2007)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2004)
全仏 3回戦(2004・08)
全英 ベスト4(2010)
全米 3回戦(2009)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 15位(2004年8月9日)
ダブルス 32位(2011年6月6日)

フアン・イグナシオ・チェラJuan Ignacio Chela, 1979年8月30日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の男子プロテニス選手。自己最高位はシングルス15位、ダブルス32位。ATPツアーでシングルス6勝、ダブルス3勝を挙げた。身長190cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

6歳からテニスを始めたチェラは1998年にプロ入り。転向後は順調にランクを上げていき、2000年メキシコ・オープンでツアー初優勝を挙げる。ところが同年、全米オープンの前哨戦のシンシナティ・マスターズ出場時に受けた検査により翌2001年にドーピング違反が発覚。ATPにより8000ドルの罰金とシンシナティ以降3か月分のポイント全てを剥奪され、(獲得賞金は没収されなかった)当時48位まで登りつめたランクが一気に826位まで下がってしまう。この為一時はツアー下部のチャレンジャー大会への転戦を余儀なくされるものの、この年に出場した12のチャレンジャー大会の内、半数の6大会で優勝を遂げ、半年でランキングをトップ100へ戻すことに成功する。2002年以降はトップ50に定着し、2004年全仏オープン2007年全米オープン2011年全仏オープンでキャリア最高のシングルスベスト8に進出するなど、アルゼンチンテニス界のベテランとして安定した成績を残した。

ダブルスでは2010年ウィンブルドン選手権エドゥアルド・シュワンクと組みベスト4に進出している。

チェラは2012年ウィンブルドン選手権が最後の大会出場になり、2012年12月に現役引退を発表した[1]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 12回 (6勝6敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (2-2)
ATPワールドツアー・250シリーズ (4–4)
サーフェス別タイトル
ハード (0–2)
クレー (6-4)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2000年2月21日 メキシコの旗 メキシコシティ クレー アルゼンチンの旗 マリアノ・プエルタ 6–4, 7–6(4)
準優勝 1. 2001年1月28日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー スペインの旗 フェルナンド・ビセンテ 4–6, 6–7(6)
準優勝 2. 2002年1月13日 オーストラリアの旗 シドニー ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 3–6
優勝 2. 2002年7月15日 オランダの旗 アメルスフォールト クレー スペインの旗 アルベルト・コスタ 6–1, 7–6(4)
準優勝 3. 2002年8月25日 アメリカ合衆国の旗 ロングアイランド ハード タイ王国の旗 パラドーン・スリチャパン 7–5, 2–6, 2–6
優勝 3. 2004年4月12日 ポルトガルの旗 エストリル クレー ロシアの旗 マラト・サフィン 6–7(2), 6–3, 6–3
準優勝 4. 2006年3月5日 メキシコの旗 アカプルコ クレー ペルーの旗 ルイス・オルナ 6–7, 4–6
準優勝 5. 2006年7月24日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー アルゼンチンの旗 アグスティン・カレリ 6–7(9), 2–6, 3–6
優勝 4. 2007年2月26日 メキシコの旗 アカプルコ クレー スペインの旗 カルロス・モヤ 6–3, 7–6(2)
優勝 5. 2010年4月11日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 5–7, 6–4, 6–3
優勝 6. 2010年9月26日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー スペインの旗 パブロ・アンドゥハル 7–5, 6–1
準優勝 6. 2011年2月20日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 3–6, 6–3, 4–6

ダブルス: 6回 (3勝3敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年2月15日 チリの旗 ビニャ・デル・マール クレー アルゼンチンの旗 ガストン・ガウディオ エクアドルの旗 ニコラス・ラペンティ
アルゼンチンの旗 マルティン・ロドリゲス
7–6(2), 7–6(3)
準優勝 1. 2004年3月7日 メキシコの旗 アカプルコ クレー チリの旗 ニコラス・マスー アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
2–6, 3–6
優勝 2. 2004年4月18日 ポルトガルの旗 エストリル クレー アルゼンチンの旗 ガストン・ガウディオ チェコの旗 フランティシェク・チェルマク
チェコの旗 レオシュ・フリードル
6–2, 6–1
準優勝 2. 2005年5月1日 ポルトガルの旗 エストリル クレー スペインの旗 トミー・ロブレド チェコの旗 フランティシェク・チェルマク
チェコの旗 レオシュ・フリードル
3–6, 4–6
優勝 3. 2010年9月25日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー ポーランドの旗 ルカシュ・クボット スペインの旗 マルセル・グラノリェルス
スペインの旗 サンティアゴ・ベントゥーラ
6–2, 5–7, [13–11]
準優勝 3. 2011年4月17日 モナコの旗 モンテカルロ クレー ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
3–6, 2–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 通算成績
全豪オープン LQ A 3R 2R 2R 2R 3R 4R 3R 1R A 1R 1R 3R 14–11
全仏オープン LQ 2R A 1R 3R QF 2R 1R 2R 2R 1R 2R QF 1R 15–12
ウィンブルドン A 1R A 1R 2R 2R A 1R 2R A A 1R 2R 1R 4–9
全米オープン LQ 1R A 4R 3R 1R 1R 1R QF A 2R 2R 3R A 13–10

脚注[編集]

外部リンク[編集]