ニコラス・ラペンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラペンティ第二姓(母方の)はゴメスです。
ニコラス・ラペンティ
Nicolás Lapentti
Tennis pictogram.svg
N Lapentti 2009 Davis Cup 1.jpg
ニコラス・ラペンティ
基本情報
フルネーム Nicolás Alexander Lapentti Gómez
愛称 ニコ (Nico)
国籍 エクアドルの旗 エクアドル
出身地 グアヤス県グアヤキル
居住地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州マイアミ
生年月日 (1976-08-13) 1976年8月13日(43歳)
身長 188cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2011年
ツアー通算 8勝
シングルス 5勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 475勝362敗
シングルス 321勝299敗
ダブルス 154勝163敗
生涯獲得賞金 $6,315,143
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1999)
全仏 4回戦(2000)
全英 ベスト8(2002)
全米 3回戦(2001)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(1999・2001・03)
全仏 ベスト8(1998)
全英 3回戦(2003)
全米 3回戦(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 6位(1999年11月22日)
ダブルス 32位(1999年5月10日)
ニコラス・アレクサンダー・ラペンティ・ゴメス.

ニコラス・アレクサンダー・ラペンティ・ゴメスNicolás Alexander Lapentti Gómez, 1976年8月13日 - )は、エクアドルグアヤキル出身の男子プロテニス選手。1999年全豪オープン男子シングルスでベスト4に入った選手で、エクアドルのテニス選手として1990年全仏オープン優勝者アンドレス・ゴメス以来の世界ランキングトップ10入りを果たした選手である。自己最高ランキングはシングルス6位、ダブルス32位。ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス3勝を挙げた。身長188cm、体重86kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。アンドレス・ゴメスとは親族関係でもあり、ゴメスはラペンティの母親のいとこにあたる。弟のジョバンニ・ラペンティ英語版もプロテニス選手。

来歴[編集]

6歳からテニスを始め、1993年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップエクアドル代表選手となる。それ以来、ラペンティは2007年を除き17年デビスカップに出場し、チーム成績でもアンドレス・ゴメスを抜き歴代1位の「61勝34敗(シングルス41勝16敗、ダブルス20勝18敗)」の成績を挙げている。1995年にプロ入りし、その年にコロンビア・オープンでツアー初優勝。1999年全豪オープンで、ラペンティは準々決勝で第7シードのカロル・クチェラを7-6, 6-7, 6-2, 0-6, 8-6で破ってベスト4に進出した。準決勝でトーマス・エンクビストに3-6, 5-7, 1-6で完敗した。全豪で4強入りした1999年、ラペンティはツアーでもシングルス2勝を挙げ、同年末に世界ランキングを自己最高の6位に上げた。

2000年ジャパン・オープン・テニス選手権で、シェング・シャルケンに4-6, 6-3, 1-6で敗れた準優勝がある。2002年ウィンブルドン選手権でベスト8進出し、大会初出場だったアルゼンチンダビド・ナルバンディアンに4-6, 4-6, 6-4, 6-4, 4-6の接戦で敗れた。オリンピックは1996年アトランタ五輪2004年アテネ五輪2008年北京五輪に出場したが、いずれも男子シングルス1回戦で敗れている。

デビスカップでのラペンティは、デビスカップ2000ワールドグループ・プレーオフでティム・ヘンマングレグ・ルーゼドスキー擁するイギリスに勝利し、デビスカップ2001ワールドグループ進出を果たした。しかし、ワールドグループ1回戦ではオーストラリアに1勝4敗で敗れ、ワールドグループ・プレーオフでもイギリスに敗れたため、再びアメリカ・ゾーン・グループ1に逆戻りしてしまった。その後も2003年2005年にワールドグループ・プレーオフまで進出しているが、ワールドグループ復帰には届かなかった。2009年のブラジルとのプレーオフで、シングルスでトマス・ベルッシマルコス・ダニエルに勝利、弟のジョバンニと組んだダブルスでもアンドレ・サ/マルセロ・メロ組に勝利して通算3勝2敗で勝利して、2010年はワールドグループ復帰を果たしている。

2010年全仏オープン男子シングルス1回戦でテーラー・デントに敗れた試合が最後の試合出場となり、ラペンティは2011年1月に現役引退を正式に発表した[1]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 12回 (5勝7敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (2-1)
ATPインターナショナルシリーズ (3–6)
サーフェス別タイトル
ハード (1–1)
クレー (3-6)
芝 (0-0)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1995年9月11日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー コロンビアの旗 ミゲル・トボン 2–6, 6–1, 6–4
準優勝 1. 1996年9月9日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー オーストリアの旗 トーマス・ムスター 7–6(6), 2–6, 3–6
準優勝 2. 1997年10月27日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー スペインの旗 フランシスコ・クラベット 3–6, 3–6
準優勝 3. 1999年7月5日 スイスの旗 グシュタード クレー スペインの旗 アルベルト・コスタ 6–7(4), 3–6, 4–6
優勝 2. 1999年8月16日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード アメリカ合衆国の旗 ヴィンセント・スペーディア 4–6, 6–4, 6–4
優勝 3. 1999年10月18日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 6–3, 6–2
準優勝 4. 2000年10月9日 日本の旗 東京 ハード オランダの旗 シェング・シャルケン 4–6, 6–3, 1–6
優勝 4. 2001年7月23日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー スペインの旗 アルベルト・コスタ 1–6, 6–4, 7–5, 7–5
準優勝 5. 2002年2月11日 チリの旗 ビニャ・デル・マール クレー チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス 3–6, 7–6(5), 6–7(4)
優勝 5. 2002年5月20日 オーストリアの旗 ザンクト・ペルテン クレー スペインの旗 フェルナンド・ビセンテ 7–5, 6–4
準優勝 6. 2003年7月7日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー アルゼンチンの旗 マリアノ・サバレタ 3–6, 4–6
準優勝 7. 2006年9月25日 イタリアの旗 パレルモ クレー イタリアの旗 フィリッポ・ボランドリ 7–5, 1–6, 3–6

ダブルス: 7回 (3勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1996年9月9日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー エクアドルの旗 パブロ・カンパーナ ベネズエラの旗 ニコラス・ペレイラ
チェコの旗 ダビド・リクル
3–6, 6–7
優勝 1. 1997年7月7日 オランダの旗 アムステルダム クレー オーストラリアの旗 ポール・キルデリー オーストラリアの旗 アンドリュー・クラッツマン
ベルギーの旗 リボル・ピメク
3-6, 7-5, 7-6
優勝 2. 1997年10月20日 メキシコの旗 メキシコシティ クレー アルゼンチンの旗 ダニエル・オルサニッチ メキシコの旗 ルイス・エレラ
メキシコの旗 マリアノ・サンチェス
4-6, 6-3, 7-6
準優勝 2. 1997年11月3日 チリの旗 サンティアゴ クレー フランスの旗 フリアン・アロンソ オランダの旗 ヘンドリク・ヤン・デビッツ
オーストラリアの旗 アンドリュー・クラッツマン
6-7, 7-5, 4-6
優勝 3. 1999年1月4日 オーストラリアの旗 アデレード ハード ブラジルの旗 グスタボ・クエルテン アメリカ合衆国の旗 ジム・クーリエ
アメリカ合衆国の旗 パトリック・ガルブレイス
6-4, 6-4
準優勝 3. 1999年4月26日 チェコの旗 プラハ クレー アメリカ合衆国の旗 マーク・ケイル チェコの旗 ラデク・ステパネク
チェコの旗 マルティン・ダム
0–6, 2–6
準優勝 4. 2004年2月15日 チリの旗 ビニャ・デル・マール クレー アルゼンチンの旗 マルティン・ロドリゲス アルゼンチンの旗 フアン・イグナシオ・チェラ
アルゼンチンの旗 ガストン・ガウディオ
6–7(2), 6–7(3)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 通算成績
全豪オープン 1R A 2R SF 2R 2R 4R 3R 2R A A 2R A 1R 1R 15–11
全仏オープン 1R 2R 1R 2R 4R 2R 1R 3R 1R LQ 2R 2R 3R 1R 1R 12–14
ウィンブルドン 2R 1R 1R 2R 1R A QF 2R A A A 2R 1R 1R A 8–10
全米オープン 1R 2R 1R 2R 2R 3R 1R 2R LQ 1R LQ 1R 1R 2R A 7–12

脚注[編集]

  1. ^ Lapentti Retires From Professional Tennis”. atpworldtour.com. ATP Tour, Inc. (2011年1月18日). 2011年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]