グアヤス県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グアヤス
—    —
グアヤス県


紋章
エクアドル国内のグアヤス県の位置
グアヤス県の郡
エクアドル
設立 1820
県都 グアヤキル
郡の一覧
行政
 - 県知事 Jimmy Jairala
面積
 - 計 16,803km2 (6,487.7mi2)
人口 (2010)
 - 計 3,645,483人
ウェブサイト www.guayas.gob.ec
サンタイ島のヤシ

グアヤス県(Provincia de Guayas)は、エクアドルである。県は西にマナビ県サンタ・エレーナ県及び太平洋グアヤキル湾)、東にチンボラソ県カニャール県アスアイ県、北にロス・リオス県ボリーバル県、南にエル・オロ県、太平洋と接する。

人口300万人以上を抱えており、エクアドルので最多である。面積はエクアドルで4番目に大きい。国内最大の都市、グアヤキルも県内に位置する。

地理[編集]

グアヤス県の自然の地形は、非常に多様である。県には、グアヤキルに始まりマナビ県まで続く海岸山脈を除き、高台が存在しない。海岸山脈の西側の地域は砂漠となっており、平均気温は23℃。山脈の東側は、グアヤス川流域である。特に県の北部では、非常に湿度が高く肥沃であり、平均気温が雨期(12月〜5月)には30℃、乾期(6月〜11月)には25℃である。

[編集]

県で最も重要な川であるダウレ川は、同様に北から流れる、ババオヨ川と合流し、グアヤス川を形成する。県は、アンデス山脈以西の南アメリカで最大の流域を持つこの川の一部である。

道路[編集]

グアヤス県は、独自の道路番号システムを持っている。しかし、このシステムは多くの住民には知られておらず、きちんとは使われていない。

県間道路は、国のシステムで番号が冠せられる。ほとんどの道路は南北に走るが、例外で東西に走る道路もある。県間道路は県で交差している。

  • エクアドル・ハイウェイ15号線 (太平洋道路)
  • エクアドル・ハイウェイ25号線 (海岸主要道)
  • エクアドル・ハイウェイ40号線 (南部横断道路)

歴史[編集]

スペイン人到来前[編集]

グアヤス県の先住民の文化は、ウアンカビーカ文化である。ヨーロッパ人のアメリカ発見前には、ウアンカピーカ文化が県内にあった。彼らは、州に人口の大多数の先祖にあたる。

スペイン人の征服と独立[編集]

グアヤキルは、1534年8月14日(設立が記念されるのは6月25日)に設立された。スペイン植民地の期間、グアヤキルは、南アメリカで最も重要な港の1つとなる。この都市は1820年10月9日に独立し、すぐ後にグアヤキル・デパートメント(エクアドルで最初の地域の1つ)が設立された。これはマナビ県と、後にグアヤス県に改名されるグアヤキル県に成立した。グアヤキル県は、グアヤキル県は、現在のペルーのトゥンベス県や、ロス・リオス県エル・オロ県の領域を含んでいた。これらの県は、1860年と1884年にそれぞれ、グアヤス県から分離した。

都市[編集]

グアヤス県は、国内で最も人口の多い県である。最近の数十年で、地方からは主要都市(特にグアヤキル)への人口流出が進んだ。都市へ移ったほとんどの移住者は、水や電気が通らない貧民街を構成し、グアヤキルで問題となった。

人口動態[編集]

グアヤス県は、国内で最も人口の甥県である。2003年の県の人口の推計は約3,360,000人である。人口の大きな割合を占めるのは、スペイン人先住民の混血である、メスティーソであり、次いでイタリア人レバノン人ドイツ人出身者の子孫が多い。

行政区[編集]

県は、25のカントン(郡)に分かれる。下記の表には、2001年国勢調査時点での各郡の人口と平方メートル (km2)での面積、郡都を表記する[1]

人口 (2001) 面積 (km²) 郡都
アルフレド・バケリソ・モレーナ (フジャン) 19,982 216 アルフレド・バケリソ・モレーナ (フジャン)
バラオ 17,262 465 バラオ
バルサル (サン・ジャシント・デ・バルサル) 48,470 1,173 バルサル
コリメス 21,049 758 コリメス
コロネル・マルセリーノ・マリドゥエニャ 11,054 255 コロネル・マルセリーノ・マリドゥエニャ
ダウレ 85,148 462 ダウレ
ドゥラン 178,714 339 ドゥラン
エル・エンパルマ 64,789 711 エル・エンパイア (ヴェラスコ・イバラ)
エル・トリウンフォ 34,117 389 エル・トリウンフォ
ヘネラル・アントニオ・エリサルデ (ブカイ) 8,696 152 ヘネラル・アントニオ・エリサルデ (ブカイ)
グアヤキル 2,039,789 5,237 グアヤキル
イシドロ・アヨラ 8,226 492 イシドロ・アヨラ
ロマス・デ・サルヘンティリョ 14,194 67 ロマス・デ・サルヘンティリョ
ミラグロ 140,103 401 ミラグロ
ナランハル 53,482 2,015 ナランハル
ナランヒート 31,756 226 ナランヒート
ノボル 14,753 128 ノボル (ナルシサ・デ・フェスス)
パレスチナ 14,067 194 パレスチナ
ペドロ・カルボ 36,711 927 ペドロ・カルボ
プラヤス (ヘネラル・ビジャミル・プラヤス) 30,045 269 プラヤス (ヘネラル・ビジャミル・プラヤス)
サリトレ (Urbina Jado) 50,379 390 エル・サリトレ
サンボロンドン 45,476 388 サンボロンドン
サンタ・ルシア 33,868 348 サンタ・ルシア
シモン・ボリーバル 20,385 289 シモン・ボリーバル
ヤグアチ 47,630 512 ヤグアチ (サン・ジャシント・デ・ヤグアチ)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Cantons of Ecuador. Statoids.com. Retrieved 4 November 2009.

外部リンク[編集]

座標: 南緯2度12分00秒 西経79度58分00秒 / 南緯2.2度 西経79.9667度 / -2.2; -79.9667