トゥングラワ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥングラワ
—    —
トゥングラワ県
バーニョススペイン語版英語版近くの地形


印章
エクアドル国内のトゥングラワ県
トゥングラワ県の郡
座標: 南緯1度14分 西経78度37分 / 南緯1.233度 西経78.617度 / -1.233; -78.617
エクアドル
県都 アンバート
行政
 - 県知事 Fernando Naranjo (Unidad Intercultural)
面積
 - 計 3,371km2 (1,301.6mi2)
標高 2,600m (8,530ft)
最高部 5,016m (16,457ft)
最低部 900m (2,953ft)
人口 (2011)INEC decadal national census
 - 計 581,389人
等時帯 ECT (UTC-5)

トゥングラワ県スペイン語: Provincia del Tungurahua)は、エクアドルの24ののうちの1つである。県都はアンバート。県は、県境に位置するトゥングラウア火山から名付けられている。

人口[編集]

2011年時点で、トゥングラワ県は推計581,389人の人口を抱える[1]。このうち10%は原住民であり、他の70%はメスティーソや混血である。最後の20%は、アフリカ人、アジア人、ヨーロッパ系が占めている。

気候[編集]

県は、乾燥した温帯気候である。多くの山岳地帯のように、この地域は風や気圧により生じ、他の地域とは全く異なる微気候が発生する。普通、トゥングラワ県の昼間と涼しい夜の気温は摂氏14度から17度である。高所では、これより明確に寒くなる。赤道に近いにもかかわらず、カリワイラソ山スペイン語版英語版チンボラソのような山地には、一年のうちのほとんどが雪に覆われている[2]

地理[編集]

県は非常に山がちな地形であり、バーニョス郡スペイン語版英語版に近いトゥングラワ火山を含んでおり、南部の県境にはカリワイラソ山スペイン語版英語版チンボラソ火山がある。バーニョススペイン語版英語版は最大の観光地である。県の主要な川には、東のアマゾン地域へと流れるパタテ川がある[1]

行政区画[編集]

県は、東のアンバートから西のバーニョス郡スペイン語版英語版まで、9のカントン(郡)に分かれる。下記の表には、2001年国勢調査時点での各郡の人口と平方メートル (km2)での面積、郡都を表記する[3]

人口 (2011) 面積 (km²) 郡都
アンバート 387,282 1,009 アンバート (サン・フアン・デ・アンバート)
バーニョススペイン語版英語版 19,112 1,065 バーニョススペイン語版英語版 (バーニョス・デ・アグア・サンタ)
セバージョス 8,873 19 セバージョス
モチャ 8,371 86 モチャ
パタテ 16,771 315 パタテ
ペリレオ 58,988 202 ペリレオ (サン・ペドロ・デ・ペリレオ)
ピリャロ 44,925 443 ピリャロ (サンティアゴ・デ・ピリャロ)
ケロ 23,187 173 ケロ (サンティアゴ・デ・ケロ)
ティサレオ 14,525 59 ティサレオ

観光地[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]