ファムシクロビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファムシクロビル
Famciclovir Structural Formulae.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
  • S4 (Au), POM (UK), ℞-only (U.S.)
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能 75–77%
血漿タンパク結合 20-25%
代謝 Hepatic, circulation, intestinal wall (to ペンシクロビル)
半減期 2–2.3 hours
排泄 Renal, faecal
識別
CAS番号
104227-87-4
ATCコード J05AB09 (WHO) S01AD07 (WHO)
PubChem CID: 3324
DrugBank APRD00600
KEGG D00317
化学的データ
化学式 C14H19N5O4
分子量 321.332 g/mol
物理的データ
融点 103 °C (217 °F)

ファムシクロビルは、抗ウイルス薬で、ヘルペスウイルス感染症の治療に用いられる。ペンシクロビルプロドラッグである。日本では2008年に販売承認され、商品名ファムビルマルホから発売されている。

適応症[編集]

日本での適応症は帯状疱疹単純疱疹である。

作用機序[編集]

プロドラッグで代謝されてペンシクロビルとなり、作用が発現する薬である。一方、バラシクロビルはアシクロビルのプロドラッグであり、主に、HSVとVZVに効果があるとされるが、本剤は細胞内でDNAの合成を阻害するため腎臓排泄に負担がかからないとされており、腎機能低下の患者にも使えると言われている。また、HSVやVZV感染細胞内での半減期はアシクロビルに比べ長いため、持続的に効果を発揮できるとも言われている。

関連項目[編集]