伝染性軟属腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Molluscum lesions on an arm.

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ、: molluscum contagiosum)とは、基本的に良性疾患のウイルス感染症の一種。水イボともいう。1841年、HendersonおよびPatersonにより報告された。

臨床像[編集]

Molluscaklein.jpg

基本的には小児の疾患であるが、成人でも免疫力の低下の基礎疾患[1]を有する場合や高齢者[2]は発症することがある。ただし、希に免疫力の低下の基礎疾患を有していない場合でも発症することがある[3]

潜伏期間は症例によって様々で、肉感的な色調で皮膚に平たく円形の丘疹が出来る。治療しないと半年から2年持続するが、自然に治ることもある。

通常は2mmから5mm程度。なお、大人では免疫力の低下の基礎疾患を有する患者などで日和見感染として発症し悪化しやすく、直径10 - 15mmにまでなることもある。

発症部位は手掌および足底を除く全身で、どこにでも発生する可能性がある。小児での好発部位は顔面、体幹、四肢。成人では陰部、陰茎、女性の外陰部。

病原体[編集]

ポックスウイルス科Poxviridae)の molluscipoxvirus

伝播形式[編集]

皮膚の接触による感染で、主にプールで感染が広がりやすい。皮膚の接触に限らず、ビート板を介してうつることもある。成人では性行為感染症の場合もある。

鑑別すべき疾患[編集]

  • 皮膚クリプトコッカス症、尋常性疣贅

治療[編集]

治療を行わなわず放置する事もあるが、美容的な理由や性行為での拡大を防ぐ目的で治療が行われる。

  • 外科的療法
    • 積極的方法:ピンセットなどによる掻爬、液体窒素を利用した凍結手術、レーザー療法、電気焼灼、硝酸銀ペースト[4]の塗布。但し、外科的除去法は痛みを伴うので、事前にペンレステープ(一般名リドカインテープ)を使用。
    • 消極的方法:スピール膏(サリチル酸絆創膏)を貼付、抗ウイルス薬(ビダラビン)の外用、イミキモドクリームの外用。
  • 内科的療法
    • ヨクイニンの内服。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 10年におよぶ経過を観察しえた慢性型成人T細胞白血病の1例 日本内科学会雑誌 Vol.76 (1987) No.12 P1876-1880
  2. ^ 金和子、川津智是:高齢者に生じた伝染性軟属腫 皮膚 Vol.28 (1986) No.3 P211-212
  3. ^ 指輪装着部に一致して生じた成人の伝染性軟属腫 皮膚の科学 Vol.1 (2002) No.2 P134-137
  4. ^ 新関寛二:伝染性軟属腫 (molluscum contagiosum) の治療-再び硝酸銀ペースト法について 皮膚 Vol.40 (1998) No.5 P492-500

関連項目[編集]

外部リンク[編集]