ガンシクロビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンシクロビル
Ganciclovir Structural Formulae V.1.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
  • S4 (Au), POM (UK), ℞-only (U.S.)
投与方法 点滴、経口、硝子体
薬物動態データ
生物学的利用能5%(経口)
代謝チミジンキナーゼ
半減期2.5–5 時間
排泄腎臓
識別
CAS番号
82410-32-0
ATCコード J05AB06 (WHO) S01AD09 (WHO)
PubChem CID: 3454
DrugBank APRD00263
KEGG D00333
化学的データ
化学式C9H13N5O4
分子量255.23 g/mol
テンプレートを表示

ガンシクロビル (Ganciclovir) は、ウイルス感染症の治療薬。商品名はデノシンバリキサ

構造[編集]

ヌクレオシドのひとつ、グアノシンのアナログ(類似物質)である(9-[(1,3,-dihydroxy-2-propoxy)methyl] guanine)。

作用機序[編集]

細胞内に入ると、サイトメガロウイルスのORF UL97の産物であるキナーゼもしくは単純ヘルペスウイルス水痘帯状疱疹ウイルスチミジンキナーゼの作用によりガンシクロビル5'-三リン酸までリン酸化され、これはDNAポリメラーゼによるdGTPの使用を完全に阻害する。このガンシクロビル三リン酸は、宿主よりもウイルスのDNAポリメラーゼにより高い親和性を有している。また、ウイルスDNAに直接結合することによりDNA鎖の伸長を阻害する。

薬物動態学[編集]

ガンシクロビルは、静注または経口で使用される。経口での吸収効率(バイオアベイラビリティ)は極めて悪く、5.57%である[1]バルガンシクロビル塩酸塩はそのプロドラッグであり、吸収率は60.9%に上昇している[1]

効果・効能[編集]

ヘルペスウイルスの一つであるサイトメガロウイルスに対して効果がある。そのほか、単純ヘルペスウイルス1型・2型、EBウイルスヒトヘルペスウイルス6型に対する効果も確認されている。

エイズ患者、臓器移植患者、悪性腫瘍患者などのサイトメガロウイルス感染症の治療もしくは予防目的で投与する。

毒性 ガンシクロビルは、潜在的なヒト発がん性物質、催奇形性物質、および変異原性物質と見なされています。 また、精子形成の阻害を引き起こす可能性が高いと考えられています。 したがって、それは慎重に使用され、臨床現場で細胞毒性薬として扱われます。

耐性[編集]

サイトメガロウイルスによるガンシクロビルに対する耐性は確認されている。UL97の突然変異と、DNAポリメラーゼの改変がその原因である。後者が原因の場合、ときにホスカルネットにも耐性を示す。

副作用[編集]

最大の注意は血液系への副作用に払うべきである。好中球減少症・血小板減少症・貧血、中枢神経症状、発熱・発疹などがおこる。 好中球減少症は投与中止の最大の原因である。妊婦禁忌薬。

毒性 ガンシクロビルは、潜在的なヒト発がん性物質、催奇形性物質、および変異原性物質と見なされています。 また、精子形成の阻害を引き起こす可能性が高いと考えられています。 したがって、それは慎重に使用され、臨床現場で細胞毒性薬として扱われます。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b バリキサ > 薬物動態 > 生物学的利用率、分布、代謝、排泄”. 田辺三菱製薬 (2014年7月4日). 2015年8月19日閲覧。