ヴィレッジ・ピープル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビレッジ・ピープルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィレッジ・ピープル
VillagePeople1978.jpg
1978年撮影
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ジャンル
活動期間 1977年 -
レーベル
共同作業者 ジャック・モラリ
公式サイト Village People - Official Website of Village People
メンバー
旧メンバー 後述を参照

ヴィレッジ・ピープル英語: Village People)は、アメリカ合衆国の男性6人組のグループ。1977年にヴィクター・ウィリス英語版によって結成され、「Y.M.C.A.」などの大ヒット作を数々と生み出した。またペット・ショップ・ボーイズがカバーした「ゴー・ウエスト」、ピンク・レディー渋谷哲平キャプテン・ジャックがカバーした「イン・ザ・ネイヴィー」(ピンク・レディー版のタイトルは「ピンク・タイフーン (In The Navy)」)、筋肉隆々な男性のシーンのBGMなどでは定番となっている「マッチョマン」なども有名。これらの世界的ヒット曲は現在においても様々な場所で流されている。

1985年に一旦解散するも1987年に再結成され、幾度かのメンバーチェンジを行いながらも、現在に至るまでアメリカ国内のみならず世界各国でライブ活動を続けており、現在も高い人気を誇っていて、世界での売上は1億枚を超えたとも言われている。

来歴[編集]

1977年にニューヨークで結成。フランス人音楽プロデューサーのジャック・モラリ英語版が仕掛け人。モラリが、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあるゲイ・ディスコを訪れた際に、インディアンの衣装を身に着けたダンサー、フェリペ・ローズを発見。また、その周辺ではカウボーイ道路工事人のコスプレをした男達が踊っており、これを見たモラリが「ゲイの象徴的グループを作ろう」と思いついたのが始まりである[2]。グループ名は前述の「グリニッジ・ヴィレッジ」に由来する。

グループ結成にあたり、モラリはまずフェリペ・ローズをスカウト。そして、ミュージカル俳優やシンガーとして既に活躍していたヴィクター・ウィリスをリード・ボーカルに抜擢し、その友人でシンガーのアレックス・ブレイリーもバック・ボーカルとして加入させた。その後、新聞に「ゲイのシンガーで、マッチョ・ルックの人求む」という広告を打ち出してオーディションを行い[2]、その結果、デイヴィッド・ホードー、ランディ・ジョーンズ、グレン・ヒューズ(イギリスのミュージシャン、グレン・ヒューズとは別人)の3人がメンバー入りした。

初期のヴィレッジ・ピープルは、ゲイ・ディスコでの営業等を中心にアンダーグラウンド的な活動を行っていたが、ゲイ受けを狙いすぎたヴィジュアルや音楽性が裏目に出てしまい、ターゲットとしていた肝心のゲイ達からは「ゲイをパロディ化している」と受け止められ、あまり良い反応は得られなかったという[2]。そこで、ゲイに限らず一般の人々にも受け入れられるように、ポップ路線へと変更したところ[2]、それが功を奏し世界的スターとして大成功を収める結果となった。 1970年代後半から1980年代前半にかけて、ディスコソングを中心に世界的ヒット曲を次々生み出す。ゲイ・マーケットをターゲットにして売り出され、メンバーそれぞれが、ゲイ受けを狙ったアメリカの職業等のコスプレをしている。ポップス史上、ゲイ・イメージを表面に出して音楽活動を行った最初のグループといわれ、アメリカにおけるゲイの理解向上に貢献したとの評価もある。またリード・ボーカルのヴィクター・ウィリス以外は全員ゲイであったといわれていたが、真偽は定かではない。実際、長年ゲイだと思われてきた2代目リード・ボーカルのレイ・シンプソンは一般女性と結婚し、娘も誕生している。

1978年に発表されたグループ最大のヒット曲「Y.M.C.A.」は、西城秀樹が1979年に青春歌謡ポップス曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」としてカバーし大ヒットしたことにより、日本でも楽曲とともにグループ名も一躍有名になった。2006年にはレイザーラモンHGもカバーしている。

2008年撮影

2008年9月12日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星形プレートにグループ名が刻まれた[3]

2013年にジム・ニューマンがカウボーイ役として加入し[4]、同年10月にビル・ホワイトフィールドが土工役として加入[5]

2017年にウィリスが復帰[5]

2018年11月に33年ぶりとなるオリジナル・アルバム『A Village People Christmas』を発売[6]

2019年8月3日に共同作業者であるアンリ・ベロロが死去[7][6]

メンバー[編集]

名前 担当(キャラクター) 在籍期間
現メンバー
ヴィクター・ウィリス英語版
英語: Victor Willis
警官
提督
結成時 - 1979年
1981年 - 1982年
2017年 - 現在
ジェームズ・クォン
英語: James Kwong
土工 2017年 - 現在
チャド・フリーマン
英語: Chad Freeman
カウボーイ 2017年 - 現在
ジェフリー・ジェームズ・リポルド
英語: Chad Freeman
革ジャン男 2017年 - 現在
ジェームス・リー
英語: James Kwong
革ジャン男 2017年 - 現在
旧メンバー
マーク・マスラー
英語: Mark Mussler
土工 結成時
デイブ・フォレスト
英語: Mark Mussler
カウボーイ 結成時
リー・ムートン
英語: Lee Mouton
バイカー 結成時
ピーター・ホワイトヘッド
英語: Peter Whitehead
不明 結成時
マイルズ・ジェイ英語版
英語: Miles Jaye
警官 1982年 - 1984年
レイ・ステファンズ英語版
英語: Ray Stephens
警官 1984年 - 1985年
マーク・リー
英語: Mark Lee
土工 1982年 - 1985年
ランディ・ジョーンズ英語版
英語: Randy Jones
カウボーイ 1977年 - 1980年
グレン・ヒューズ英語版
英語: Glenn Hughes
革ジャン男 1977年 - 1995年
ジェフ・オルソン
英語: Jeff Olson
カウボーイ 1981年 - 1985年
1990年 - 2013年
デイヴィッド・ホードー英語版
英語: David Hodo
土工 1977年 - 1982年
1987年 - 2013年
フェリペ・ローズ英語版
英語: Felipe Rose
インディアン 結成時 - 2017年
アレックス・ブレイリー英語版
英語: Alex Briley
GI 結成時 - 2017年
レイ・シンプソン英語版
英語: Ray Simpson
警官 1979年 - 1982年
1987年 - 2017年
エリック・アンザローン英語版
英語: Eric Anzalone
革ジャン男 1995年 - 2017年
ビル・ホワイトフィールド
英語: Bill Whitefield
革ジャン男 2013年 - 2017年
ジム・ニューマン
英語: Jim Newman
カウボーイ 2013年 - 2017年
ソニー・アール
英語: Sonny Earl
GI 2017年 - 2018年
エンジェル・モラセス
英語: Sonny Earl
ネイティブ・アメリカン 2017年 - 2020年

代表曲[編集]

  • 「サンフランシスコ」 - "San Francisco" (1977年)
  • 「マッチョマン」 - "Macho Man" (1978年)
  • Y.M.C.A.」 - "Y.M.C.A." (1978年)
  • "Just A Gigolo" (1978年)
  • 「イン・ザ・ネイヴィー」 - "In The Navy" (1979年)
  • ゴー・ウエスト」 - "Go West" (1979年)
  • "Ready For The 80's" (1979年)
  • "Can't Stop The Music" (1980年)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ヴィレッジ・ピープル登場』 - Village People (1977年)
  • 『マッチョマン』 - Macho Man (1978年)
  • 『クルージン』 - Cruisin' (1978年)
  • 『ゴー・ウェスト』 - Go West (1979年)
  • 『ライヴ・アンド・スリージー』 - Live and Sleazy (1979年) ※A面はライブ音源
  • 『キャント・ストップ・ザ・ミュージック』 - Can't Stop the Music - The Original Soundtrack Album (1980年)
  • 『ルネッサンス』 - Renaissance (1981年)
  • 『フォックス・オン・ザ・ボックス』 - Fox on the Box (1982年) ※CD化の際に『In the Street』に改題
  • Sex Over the Phone (1985年)

コンピレーション・アルバム等[編集]

  • Live: Seoul Song Festival (1984年)
  • Greatest Hits (1988年)
  • Greatest Hits '89 Remixes (1989年)
  • The Best of Village People (1994年)
  • The Very Best Of (1998年)
  • 20th Century Masters, The Millennium Collection ... The Best of Village People (2001年)
  • Universal Music Icon Series: Village People (2014年)
  • Village People Live At The Greek Theatre (2018年)
  • A Village People Christmas (2018年)

出演映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]