ヒトマイクロバイオーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒトの皮膚常在菌英語版

ヒトマイクロバイオーム(英:human microbiome)は、ヒトの細菌叢(微生物叢)である。腸内細菌叢には、ヒトの細胞数に近い約40兆個の細菌が存在し皮膚英語版口腔鼻腔などにも微生物が存在している[1]

2010年に欧州の研究者によって、ヒトの消化器に1000種以上、330万個の微生物の遺伝子の数があることが判明し、これはヒトゲノムの遺伝子2万5千の約150倍として注目を受けた[2]。人類のDNAは99.9%が同じだが、ヒトマイクロバイオームでは構成が同じ人はいない[2]

2007年に開始されたアメリカ国立衛生研究所 (NIH) が開始したのは ヒトマイクロバイオーム計画英語版である [2]。翌年には国際コンソーシアム(米国、欧州、日本、中国からなる[3])が発足し、またMetaHITという、13の欧州の産学機関が参加するプロジェクトが開始された[2]

種類[編集]

地球上には約70門の菌種があるが、ヒト常在菌の大部分は以下4門に集中している[3]

TM7門は口腔にのみ存在する[3]

[編集]

乳児では大人の1/3から1/5である[3]

研究手法の変化[編集]

日本では1950年代に光岡知足が、ヒト腸内細菌を嫌気培養して本格的な研究が開始されたが、後に16SリボソームRNA遺伝子(16S)を解析する、16S解析という手法が開発され培養できない細菌が多く存在することが判明してきた[3]

2003年ごろにはメタゲノム解析が開発され、細菌叢のゲノム全体を解析するようになり、2010年代では2000年頃よりも数万倍の性能となり研究を進展させてきた[3]

部位[編集]

皮膚常在菌英語版腸内細菌口腔細菌、肺(英語版)、膣(英語版)、子宮(英語版)などに存在する

口腔[編集]

2013年までには、ヒト口腔微生物叢のデータベースには600以上の分類群が登録されている[4]

口腔の健康を防衛するようにはたらく菌を食品で、あるいは錠剤やトローチで摂取するといった研究は数十研究が実施されており、う蝕(虫歯)、歯肉炎や、歯周炎、口内炎、口臭との関係を見ている[4]。両親の口でおしゃぶりをきれいにした方が、乳児の喘息や湿疹が少なくなるという研究結果も存在する[4]

精神との関係[編集]

フランスでの研究はプロバイオティクスの健康食品が抑うつを低下させたという結果が報告した[5]

ニキビと抑うつは関連すると言われているが、1930年代にも皮膚病学者のストークスとビルズベリーはニキビと抑うつの関係から「腸・脳・皮膚軸」の仮説を提唱し、感情が腸内細菌叢を変えるために皮膚の炎症につながるとして、乳酸菌のラクトバチルス・アシドフィルスを摂取する治療法を提唱していた[5]

出典[編集]

  1. ^ 坂田恒昭、松本弥生「日本マイクロバイオームコンソーシアム(JMBC)の設立」『ファルマシア』第53巻第11号、2017年、 1095-1097頁、 doi:10.14894/faruawpsj.53.11_1095NAID 130006191772
  2. ^ a b c d J・アッカーマン「究極のソーシャルネット」『日経サイエンス』第42巻第10号、2012年10月、 40-48頁、 NAID 40019418088
  3. ^ a b c d e f g h i 服部正平「個人差を生む マイクロバイオーム (特集 マイクロバイオーム : 細菌に満ちた私)」『日経サイエンス』第42巻第10号、2012年10月、 50-57頁、 NAID 40019418091
  4. ^ a b c Anders Zachrisson、Svante Twetman 2013.
  5. ^ a b M・コンスタンディ「胃腸と脳の意外なつながり」『日経サイエンス』第42巻第10号、2012年10月、 58-63頁、 NAID 40019418100

参考文献[編集]

  • 鴨井久一編集『口腔プロバイオティクス&アンチバイオティクス ― 検査から始まる細菌の新しいコントロール法』永末書店、2013年。ISBN 978-4-8160-1262-4
    • Anders Zachrisson、Svante Twetman「プロバイオティクスからみた口腔細菌療法」『口腔プロバイオティクス&アンチバイオティクス』永末書店、2013年、85-99頁。ISBN 978-4-8160-1262-4