プレバイオティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プレバイオティクス: prebiotics)は、細菌真菌などの有益な微生物の成長または活動を誘発する食品中の化合物[1]プロバイオティクスの食物として機能する。豆、全粒穀物、特定の野菜など、健康的な量の繊維を含む食品は、体内で分解され、腸内でプロバイオティクスが成長して繁栄するのに役立つ物質を生成する[2]

定義[編集]

腸内細菌叢を善玉菌優位な環境にする食品素材をプレバイオティクスと呼ぶ。例えばオリゴ糖[3]食物繊維[4]などがある。これらの食材を一定以上摂取することにより、腸内細菌の中で低級脂肪酸[5]酢酸プロピオン酸乳酸及び酪酸)を産生し、腸内環境は弱酸になり、大腸菌などの悪玉菌の増殖を抑制することができるという。この結果健全な腸内環境が保たれ、潰瘍性大腸炎大腸がんの予防になり、症状の悪化を抑制するという。特に腸内菌の中にケトン体の産生を促進させる作用を「ケトバイオティクス[6]と呼び、区別することがある。 また低級脂肪酸を産生する細菌はパイエル板において、マクロファージを活性化し[7]、調節性T細胞(Treg)を活性化[8]免疫機能を調節できるといわれ、これにより全身の免疫異常を原因とするアレルギーリウマチなどの自己免疫などの慢性疾患を抑制する可能性が高い[9]

1995年マーセル・ロバーフロイド(Marcel Roberfroid)によって最初に識別され、名前が付けられた[10]

機能性食品成分として、プロバイオティクスのようなプレバイオティクスは、食品薬物の間の概念的な仲介者の役割を果たす。管轄区域に応じて、彼らは通常、特にマーケティング目的で彼らに関してなされた健康強調表示について、中程度の規制の精査を受ける。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Hutkins RW; Krumbeck JA; Bindels LB; Cani PD; Fahey G Jr.; Goh YJ; Hamaker B; Martens EC et al. (2016). “Prebiotics: why definitions matter”. Curr Opin Biotechnol 37: 1–7. doi:10.1016/j.copbio.2015.09.001. PMC 4744122. PMID 26431716. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4744122/. 
  2. ^ MD, Toni Golen (2021年11月1日). “What are postbiotics?” (英語). Harvard Health. 2021年11月4日閲覧。
  3. ^ Wang X, Sun G, Feng T, Zhang J, Huang X, Wang T, Xie Z, Chu X, Yang J, Wang H, Chang S, Gong Y, Ruan L, Zhang G, Yan S, Lian W, Du C, Yang D, Zhang Q, Lin F, Liu J, Zhang H, Ge C, Xiao S, Ding J, Geng M. Sodium oligomannate therapeutically remodels gut microbiota and suppresses gut bacterial amino acids-shaped neuroinflammation to inhibit Alzheimer's disease progression. Cell Res. 2019 Oct;29(10):787-803. doi: 10.1038/s41422-019-0216-x. Epub 2019 Sep 6. PMID 31488882; PMCID: PMC6796854.
  4. ^ Holscher HD. Dietary fiber and prebiotics and the gastrointestinal microbiota. Gut Microbes. 2017 Mar 4;8(2):172-184. doi: 10.1080/19490976.2017.1290756. Epub 2017 Feb 6. PMID 28165863; PMCID: PMC5390821
  5. ^ Morrison DJ, Preston T. Formation of short chain fatty acids by the gut microbiota and their impact on human metabolism. Gut Microbes. 2016 May 3;7(3):189-200. doi: 10.1080/19490976.2015.1134082. Epub 2016 Mar 10. PMID 26963409; PMCID: PMC4939913.
  6. ^ 特願2018-567965 特許第6571298 血糖値スパイク抑制剤、食品及び血糖値スパイク抑制剤の製造方法
  7. ^ James AG, Austin CJ, Cox DS, Taylor D, Calvert R. Microbiological and biochemical origins of human axillary odour. FEMS Microbiol Ecol. 2013 Mar;83(3):527-40. doi: 10.1111/1574-6941.12054. Epub 2012 Dec 31. PMID 23278215.
  8. ^ Sun M, Wu W, Liu Z, Cong Y. Microbiota metabolite short chain fatty acids, GPCR, and inflammatory bowel diseases. J Gastroenterol. 2017 Jan;52(1):1-8. doi: 10.1007/s00535-016-1242-9. Epub 2016 Jul 23. PMID 27448578; PMCID: PMC5215992.>
  9. ^ Arpaia N, Campbell C, Fan X, Dikiy S, van der Veeken J, deRoos P, Liu H, Cross JR, Pfeffer K, Coffer PJ, Rudensky AY. Metabolites produced by commensal bacteria promote peripheral regulatory T-cell generation. Nature. 2013 Dec 19;504(7480):451-5. doi: 10.1038/nature12726. Epub 2013 Nov 13. PMID 24226773; PMCID: PMC3869884.
  10. ^ “Dietary modulation of the human colonic microbiota: introducing the concept of prebiotics”. J. Nutr. 125 (6): 1401–1412. (Jun 1995). doi:10.1093/jn/125.6.1401. PMID 7782892. 

参考文献[編集]

  • フランク・W・ジャクソン、PREbiotics, not Probiotics。 2013年12月2日、Jacksong GIMedical。ISBN 978-0991102709

外部リンク[編集]