パピヨン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パピヨン
Papillon
監督 フランクリン・J・シャフナー
脚本 ダルトン・トランボ
ロレンツォ・センプル・ジュニア
原作 アンリ・シャリエール
パピヨン英語版
製作 ロベール・ドルフマン英語版
フランクリン・J・シャフナー
製作総指揮 テッド・リッチモンド英語版
出演者 スティーブ・マックイーン
ダスティン・ホフマン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 フレッド・J・コーネカンプ
編集 ロバート・スウィンク英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 アライド・アーティスツ・ピクチャーズ・コーポレーション
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年12月16日
日本の旗 1974年3月16日
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $13,500,000[1]
興行収入 $53,267,000[2]
配給収入 日本の旗 13億円[3]
テンプレートを表示

パピヨン』(Papillon)は、1973年アメリカ合衆国伝記犯罪映画フランクリン・J・シャフナー監督。 胸に蝶の刺青をしていることで「パピヨン」と呼ばれた男が、1931年に無実を叫びながら終身刑となったものの、脱獄に成功し、後にベネズエラ市民権を取得したというアンリ・シャリエール同名自伝小説英語版を映画化したもの。当時の公開コピーによると、小説は世界1,000万部のベストセラーを記録。製作のロベール・ドルフマン英語版と製作総指揮のテッド・リッチモンド英語版は、『レッド・サン』で、大スターの顔合わせを実現して話題となっており、つづいて本作でもマックイーンとホフマンの2大スター共演を実現させた。ジェリー・ゴールドスミスの音楽は、1973年度のアカデミー作曲賞にノミネートされ、しばしば映画音楽の名曲の一つとしてコンサートなどで取り上げられてきた。

日本では、1974年3月に初公開。1977年5月リバイバル公開された。 なお、DVD1996年12月5日に発売され、2003年10月1日に「パピヨン 製作30周年記念 特別版」のDVDが発売された。

ストーリー[編集]

ケチな金庫破りで捕まった男。その男は胸に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン(蝶)」とあだ名されていた。パピヨンは仲間の裏切りに遭い、幾つもの罪を着せられた末に終身刑の判決を受けてしまう。この刑を受けた人間は、祖国フランスを追放される上に南米ギアナデビルズ島で過酷な強制労働が科せられるのだった。パピヨンは脱獄を決意。しかし、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。そこでパピヨンは同じ服役囚のドガという男に目を付ける。ドガは国債偽造で逮捕された男で、今もその腕が噂される偽札作りの天才だった。当初パピヨンはドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 フジテレビ
パピヨン スティーブ・マックイーン 内海賢二 宮部昭夫
ルイ・ドガ ダスティン・ホフマン 愛川欽也 東野英心
ジュロ ドン・ゴードン 寺島幹夫 渡部猛
トゥーサン アンソニー・ザーブ 千葉耕市 緒方敏也
マチュレット ロバート・デマン 富山敬 安原義人
クルジオ ウッドロー・パーフリー 穂積隆信 小林清志
バロット ウィリアム・スミザーズ 横森久 加藤精三
スペリオル バーバラ・モリソン 京田尚子 市川千恵子
サンティーニ ロン・ソブル 緑川稔
※製作30周年記念版DVD、レンタル版特別編DVDにはフジテレビ版(正味94分)が収録。
※スティーヴ・マックィーン没後30年特別愛蔵版DVD、2011年リリースのレンタル向けDVD/BDは両バージョン収録。(フジテレビ版は正味113分、テレビ朝日版は正味118分。)

脚注[編集]

  1. ^ Paul Gardner (1973年9月4日). “Crime In, Sex Out, in New Film Season” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/1973/09/04/archives/crime-in-sex-out-in-newfilm-season-malefactors-on-the-rise-siegel.html 2018年10月14日閲覧。 
  2. ^ Papillon (1973)” (英語). Box Office Mojo. 2018年10月14日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)322頁

外部リンク[編集]