軍統合情報局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軍統合情報局(ぐんとうごうじょうほうきょく、英語: Directorate for Inter-Services Intelligence)は、パキスタンで最大の情報機関(諜報機関)の名称である。短く Inter-Services Intelligence とも呼ばれ、略称の ISI が内外で広く通用している。アメリカ中央情報局(CIA)や、イギリス秘密情報部(SIS、旧 MI6)に相当する機関である。

歴史[編集]

1947年インド・パキスタン分離独立第一次印パ戦争の年に、イギリス領インド帝国の情報部を引き継ぎ、情報局(Intelligence Bureau)が創設された。他にパキスタン軍内部に設けられたパキスタン軍事情報部(Military Intelligence of Pakistan)があった。しかし第一次印パ戦争で果々しい成果を上げることができず、翌1948年に、パキスタン陸軍海軍空軍の情報機関を総合して、ISIが成立した。

1958年にアイユーブ・カーンがパキスタンの大統領になると、ISIはパキスタン人民党やパキスタン共産党など野党勢力の監視などにも活動領域を広げ、の力を増大させる役割を演じた。第二次印パ戦争の敗北後、ISIは再編され、さらに1969年には規模が拡大された。特に分離独立の動きを強めていた東パキスタンバローチスターン州で盛んに活動するようになった。

1970年代にはパキスタン人民党のズルフィカール・アリー・ブットー首相の下で、ISIは重要性を失った。1971年にはバングラデシュ独立戦争第三次印パ戦争に発展、パキスタンはバングラデシュを失う大敗を喫した。これが引き金となって1977年ムハンマド・ジア=ウル=ハク将軍によるクーデターが起き、ブットーは失脚・処刑される。ハクは軍事政権大統領となり、ISIはハク政権をサポートした。

その後、1979年ソ連軍のアフガニスタン侵攻が起きると、ISIはCIAと組み、ハク大統領による反共主義政策もあってソ連共産主義勢力と闘うムジャーヒディーンに、チャールズ・ウィルソンらによる武器援助などにて[1]大々的に支援した。このころからイスラム原理主義の影響が強くなったとされ、アフガニスタン紛争では最初はグルブッディーン・ヘクマティヤール率いるイスラム党(ヘクマティヤール派)の、後にはターリバーンの後ろ盾になったとされる。またパキスタンの核開発にも深く関与した。

現況[編集]

現在はパキスタンで軍事のみならず政治面でも強い影響力を持っている。

アフガニスタンだけでなく、対インドの作戦行動・諜報活動も多い。インドで活動するインディアン・ムジャヒディーンそしてカシュミールを拠点とするラシュカレ・タイバなどのテロ組織の背景にISIの存在があるとの指摘は根強い。その他の(イスラム系でない)インドの反政府武装組織を支援しているとの噂も絶えない。いっぽう国内のワジリスタン紛争には関与が消極的とも伝えられる。

本部はイスラマバードにある。現在の局長はナヴィード・ムフタール英語版陸軍中将

組織[編集]

  • 統合情報部X(Joint Intelligence X) - 他の部からの情報を収集分析する中枢部局
  • 統合情報部(Joint Intelligence Bureau) - 政治情報。インドを扱う部局も含む
  • 統合対抗情報部(Joint Counterintelligence Bureau) - 主にイスラム諸国での外交官の監視
  • 統合情報北方部(Joint Intelligence North) - カシュミール地方担当
  • 統合情報総合部(Joint Intelligence Miscellaneous) - スパイ、非合法活動など
  • 統合信号情報部(Joint Signal Intelligence Bureau) - インド国境での情報収集
  • 統合情報技術部(Joint Intelligence Technical) - 技術支援

歴代局長[編集]

氏名 階級 英語名 就任 退任
01 セイイェド・シャヒード・ハーミド 大佐 Syed Shahid Hamid 1948 1950
02 ロバート・カウゼム 少将 Robert Cawthome 1950 1959
03 リアズ・フサイン 准将 Riaz Hussain 1959 1966
04 ムハンマド・アクバル・カーン 少将 Mohammad Akbar Khan 1966 1971 
05 グラーム・ジラニ・カーン 少将→中将 Ghulam Jilani Khan 1971 1978
06 ムハンマド・リアズ 中将 Muhammad Riaz 1978 1980
07 アクタール・アブドゥル・ラーマン 中将 Akhtar Abdur Rahman 1980 1987.3
08 ハーミド・グル 中将 Hamid Gul 1987.3 1989.5
09 シャムスル・ラーマン・カルー 中将 Shamsur Rahman Kallu 1989.5 1990.8
10 アサド・ドゥッラーニー 中将 Asad Durrani 1990.8 1992.3 
11 ジェイヴド・ナシル 中将 Javed Nasir 1992.3 1993.5
12 ジェイヴド・アシュラフ・カジ 中将 Javed Ashraf Qazi 1993.5 1995
13 ナジーム・ラナ 少将→中将 Naseem Rana 1995 1998.10
14 ジアウッディン・ブット 中将 Ziauddin Butt 1998.10 1999.10
15 マフムード・アーメド 中将 Mahmud Ahmed 1999.10 2001.10
16 エサン・ウル・ハク 中将 Ehsan ul Haq 2001.10 2004.10
17 アシュファク・パルベーズ・キアニ 中将 Ashfaq Parvez Kayani 2004.10 2007.10
18 ナディーム・タジ 中将 Nadeem Taj 2007.10 2008.10
19 アーメド・シュジャー・パシャ 中将 Ahmad Shuja Pasha 2008.10 2012.03
20 ザヒール・ウル・イスラム 中将 Zaheerul Islam 2012.03 2014.09
21 リズワーン・アクタール 中将 Rizwan Akhtar 2014.09 2016.12
22 ナヴィード・ムフタール 中将 Naveed Mukhtar 2016.12

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チャーリー・ウィルソン米元議員が死去、ソ連アフガン侵攻でCIAに協力 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News