バーンプルータールアン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バーンプルータールアン駅
บ้านพลูตาหลวง
Ban Plu Ta Luang
カオチーチャン (4.03km)
(9.06km) ジャンボリー
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
チョンブリー県
サッタヒープ郡
駅番号 3047
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 三等駅
所属路線 東本線サッタヒープ支線
キロ程 184.03km(クルンテープ駅起点)
電報略号 พต.
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1989年7月14日
テンプレートを表示

バーンプルータールアン駅(バーンプルータールアンえき、タイ語:สถานีรถไฟบ้านพลูตาหลวง)は、タイ王国中部チョンブリー県サッタヒープ郡にある、タイ国有鉄道東本線サッタヒープ支線である。

概要[編集]

バーンプルータールアン駅は、タイ王国中部チョンブリー県人口15万人が暮らすサッタヒープ郡にある、タイ国有鉄道東本線サッタヒープ支線である。市街地より北東側に11km程離れた所に位置する為、利便性が悪い。駅の反対側(南西側)が、市街地である。当駅より2km程南に国道3号線があり、バスをつかまえることができる。

当駅は、東本線サッタヒープ支線の旅客駅としての終着駅である。路線は、11.47km先にあるサッタヒープ駅(貨物駅)まで伸びている。 1日に2本の普通列車(1往復)の発着しかなく、しかもその運行日は月曜日 - 金曜日土曜日日曜日は運行しない)のみである。クルンテープ駅から、4時間25分でありその運賃は、37バーツ(約95円)である。利便性の悪い当駅であるがその運賃の安さは、他の交通機関を大きく引き離している。当線のメインは貨物列車であり、その頻度が高いためフアマーク駅 - レムチャバン駅間は複線区間となっている。(フアマーク駅 - チャチューンサオ駅間は3線[1]

歴史[編集]

1908年1月24日に、東本線クルンテープ駅 - チャチューンサオ駅が開業した[2]。約81年後の1989年7月14日に、当駅を含むサッタヒープ駅まで延伸開業した [3]

  • 1908年1月24日【開業】クルンテープ駅 - チャチューンサオ駅 (60.99km)
  • 1989年7月14日【開業】チャチューンサオ駅 - サッタヒープ駅 (134.51km)

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

運行列車[編集]

クルンテープ駅(バンコク)を6:55に発車し、当駅に11:20に到着して折り返し13:35にクルンテープ駅へ向け出発するというダイヤである。

上り[編集]

  • バーンプルータールアン駅 - クルンテープ駅(184.03km): 第284普通列車(4時間50分)(表定速度38.1km/h)

下り[編集]

  • クルンテープ駅 - バーンプルータールアン駅(184.03km): 第283普通列車(4時間25分)(表定速度41.7km/h)

駅周辺の施設等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.295
  2. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.49
  3. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.261

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]