バルク書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バルク書』(Book of Baruch)は、ユダヤ教プロテスタント諸派では外典として扱い、カトリック教会正教会では旧約聖書に含めている書物のひとつ。タイトルはエレミヤの書記(『エレミヤ書』45:1)であったバルクを名乗る著者の名前に由来している。『知恵の書』や『シラ書』とも共通する知恵の賛美が見られ、知恵=律法であるとしている。(4:1)

全5章だが、ウルガタ聖書や欽定訳聖書などでは「エレミヤの手紙」をバルク書の第6章とする。

七十人訳聖書ではエレミヤ書・バルク書・エレミヤの哀歌・エレミヤの手紙の順に並べる。ウルガタ聖書ではエレミヤ書・エレミヤの哀歌・バルク書の順に置く。欽定訳聖書では外典の集会の書(シラ書)の次に置く。

これに対して「第2バルク書英語版」および「第3バルク書英語版」と呼ばれる2書は偽典に分類される。

内容[編集]

  • 序言(1:1-1:9)
  • エルサレムへの手紙(1:10-3:8)
  • 知恵の賛美(3:9-4:4)
  • エルサレムへの励まし(4:5-5:9)

関連項目[編集]