バナナピーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バナナピーマン
Banana Peppers 20120903.jpg
イェロー・ワックス・ペッパー
Capsicum annuum
辛さ マイルド
スコヴィル値 0-500 SHU
テンプレートを表示

バナナピーマンまたはバナナペッパー(banana pepper)は、中型の大きさの唐辛子の一種で、マイルドな辛味を持つ。普通は明るい黄色であるが、緑色、赤色や熟すと橙色にもなる。酢漬けにされたり、中に具材が詰められたり、生のまま料理に用いられたりする。トウガラシ(Capsicum annuum)の栽培品種である。辛さは0-500スコヴィル値程度とそれほど辛くはなく、多くの唐辛子と同様にその辛味は熟し加減に依り、熟したものは若いものよりも甘い。

名前[編集]

熟した果実は長さ5-8cmで、その曲がった形と黄色い色はバナナに似ているため、この名が名付けられた。フラジテッロはしばしば誤ってバナナピーマンと呼ばれ、また未熟なハンガリアンワックスもたびたび混同される。ハンガリアンワックスがバナナピーマンの束の中に混ざって売られ、期待したよりも辛くなってしまうことも珍しくない。

栽培[編集]

他のトウガラシの栽培と同様に日光を多く必要とする。種または挿し木から育てることができる。栽培品種には、Early Sweet Banana、Hungarian Yellow Wax、Sweet Banana、Sweet Hungarian等がある[1]。熟したものは高さ1-2フィートになり、多くの気候で育つことができるが、温帯を好む。

栄養価[編集]

バナナピーマン(生)
100 gあたりの栄養価
エネルギー 113 kJ (27 kcal)
5.3 g
糖類 1.9 g
食物繊維 3.4 g
.5 g
1.7 g
ビタミン
ビタミンA 340 IU
チアミン (B1)
(9%)
0.1 mg
リボフラビン (B2)
(8%)
0.1 mg
ナイアシン (B3)
(8%)
1.2 mg
パントテン酸 (B5)
(6%)
0.3 mg
ビタミンB6
(31%)
0.4 mg
葉酸 (B9)
(7%)
29 µg
ビタミンC
(100%)
82.7 mg
ミネラル
カリウム
(5%)
256 mg
カルシウム
(1%)
14 mg
マグネシウム
(5%)
17 mg
リン
(5%)
32 mg
鉄分
(4%)
0.5 mg
亜鉛
(3%)
0.3 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

バナナピーマンは熱量脂肪ナトリウムが少なく、ダイエットに適した食品である。また食物繊維ビタミンAカリウム源になり、特に非常によいビタミンC源である。マイルドな辛味のため、サラダ等の軽い食事に加えるのに適している[2]

食べ方[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jean Andrews (1995). Peppers: The Domesticated Capsicums, New Edition. University of Texas Press. p. 97. ISBN 978-0-292-70467-1. http://books.google.com/books?id=SsjvX31EMekC&pg=PA97 2012年8月31日閲覧。. 
  2. ^ Livestrong: Are Banana Peppers Good For You?