バッターニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アル=バッターニー( البتّاني al-Battānīことアブー=アブドゥッラー・ムハンマド・イブン=ジャービル・アル=バッターニー・アル=ハッラーニー・アッ=サービー( أبو عبد الله محمد ابن جابر ابن البتّاني الحرّاني الصابع Abū ‘Abd Allāh Muḥammad ibn Jābir al-Battānī al-Ḥarrānī al-Ṣābi‘, 850年? – 929年)は、アッバース朝時代にシリアで活躍した天文学者数学者

彼の名はラテン語: Albategniusアルバテグニウス)で西洋にも知られ、月のクレーターなど多くの事物に名が残されている。

略歴[編集]

ジャズィーラ地方の都市ハッラーン(現トルコ南部シャンルウルファ近郊)の生まれである。個人名にムハンマドという名をもつことから彼自身がムスリム(イスラム教徒)であったことは確かだが、全名に含まれる「サービー」という通称は、彼がサービア教徒の共同体に連なる出自をもつことを示唆している。

シリアのラッカで活躍し、ダマスカスで没した。

業績[編集]

バッターニーは数学の分野では、正弦法の導入、コタンジェント表の計算、三角法の球面三角法の定理(球面幾何学)の発見など、三角関数を整理する業績を残した。

しかし彼がもっぱら活躍したのは、ヘレニズム文化からアラビア科学が継承した天文学の分野である。バッターニーはラッカにアストロラビウム(アストロラーベ)、グノーモン(日時計)、渾天儀、直径5mの高度測定器をそなえる私立天文台を設けて、41年間にわたって球面三角法を用いた正確な観測を行って、489個の星の恒星表を作った。

また、観測から黄道傾斜角太陽の遠地点の位置が移動することを発見し、黄道傾斜角を割り出した。そのほか、

  • 太陽の離心率
  • 毎年の春分点の歳差の55"の値
  • 太陽と月の運動の詳しい表
  • 月の平均運動を改訂した
  • 太陽と月の大きさの変化を調べてプトレマイオスの業績を改良し、金環食の可能性を論じる

など、プトレマイオス天文学を継承発展させた。

バッターニーの天文学における代表的著作である『サービア天文表』は、彼の数理天文学の成果をまとめたものである。

関連項目[編集]