サービト・イブン・クッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
20010219-001-01.jpg

サービト・イブン・クッラ(Thābit ibn Qurra、826年901年2月18日)はアラビアの天文学者数学者である。より詳しくはアブー=ル・ハサン・サービト・イブン・クッラ・イブン・マルワン・アッ=サービ・アル=ハッラーニー(Abu'l Hasan Thābit ibn Qurra' ibn Marwan al-Ṣābi al-Ḥarrānī)、ラテン語名は Thebit(テービト)という。

生涯[編集]

サービトは、メソポタミア北部の町(現トルコ領)であるハッラーンに生まれた。当時のハッラーンはギリシア系文化の中心地であり、サービトの一族は星辰崇拝者(偽サービア教徒)だった。成人後は両替商だった時期があったといわれる。富裕な一族であるバヌー・ムーサー(Banū Mūsā[1])三兄弟の長兄ジャッファル・ムハンマド・イブン・ムーサー・イブン・シャーキル(Ja'far Muhammad ibn Mūsā ibn Shākir)に招かれて、バグダードの「知恵の館」で学び、学者として活動する。晩年、アッバース朝カリフ、アル=ムウタディド(al-Mu'tadid)の治世になると庇護を受け、アル=ムッタディドに宮仕えし、個人的な友人にもなったのちにバグダードで没した。息子や孫にも翻訳家や数学者になる者がおり、孫のイブラヒム・イブン・スィーナン(Ibrahim ibn Sinan)などが知られている。

翻訳[編集]

サービトは数学天文学占星術魔術工学医学哲学に通じており、母語はシリア語であったがギリシア語にも堪能であった。そのためバグダードで翻訳家として活動し、ギリシア科学の文献をアラビア語に翻訳した。その中には、アポロニオスアルキメデスエウクレイデスプトレマイオスの著書がある。また、フナイン・イブン・イスハークによってアラビア語訳されたエウクレイデスの『原論』を改訂し、やはりイスハークが翻訳したプトレマイオスの『シュンタクシス』を再書した。翻訳家を要請する学校を創設し、優れた翻訳家を輩出した。

数学[編集]

数論の分野では、友愛数の組を求める数式の発見者とされる。サービトは『友愛数の定義についての書』という著者の中で、公式を説明した。代数問題を幾何的に解く価値に注目した最初期のアラビア数学者でもあり、『代数問題についての正しい幾何学解』という著書で、エウクレイデスの定理を用いて方程式幾何学上の証明を与えた。また、当時はピタゴラスの定理が直角二等辺三角形にのみ適用されていたが、それを全ての三角形に適用できるように図形を分割して一般化した。この他に球面三角法、エウクレイデスの平行線公準の証明、アルキメデスの放物線の求積法などを研究した。

天文学[編集]

天文学では、歳差運動を分点秤動で説明しようとする「トレピダチオ説」 (trepidation) がサービトに帰されると考えられている[2] ほか、ニコラウス・コペルニクスによれば、恒星年を非常に精度よく求めたとされる。

脚注[編集]

  1. ^ 「ムーサーの息子たち」の意
  2. ^ ただし、トレピダチオ説はアレキサンドリアのテオンによるプトレマイオスの注釈書で既に言及されているという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]