ハーモニー・オブ・ザ・シーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーモニー・オブ・ザ・シーズ
Harmony of the Seas (ship, 2016) 001.jpg
ロッテルダム港にて(2016年5月)
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 バハマの旗 バハマ
運用者 ロイヤル・カリビアン・インターナショナル
建造所 STXフランス
母港 ナッソー
姉妹船 オアシス・オブ・ザ・シーズ
アルーア・オブ・ザ・シーズ
信号符字 C6BX8
IMO番号 9682875
MMSI番号 311000396
経歴
起工 2012年12月27日
進水 2015年6月19日
竣工 2016年5月12日
就航 2016年5月22日
要目
総トン数 226,963トン
全長 361.0m
64.9m
高さ 72.0m
機関方式 ディーゼル・エレクトリック
出力 60MW(約81,500馬力)
旅客定員 5,479名(最大6,410名)
乗組員 2,100名
テンプレートを表示

ハーモニー・オブ・ザ・シーズHarmony of the Seas)は、アメリカロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航するオアシスクラスのクルーズ客船である。2016年5月15日に就航した。世界最大のクルーズ客船であるアルーア・オブ・ザ・シーズや、それと同規格で設計されたオアシス・オブ・ザ・シーズの姉妹船であり、世界最大クラスのクルーズ客船である。

概要[編集]

2016年5月に就航、処女航海としてサウサンプトンからバルセロナへのクルーズを実施し、その後バルセロナ・チビタベッキアを拠点とした地中海クルーズを5月から10月にかけて実施。2016年11月からフォートローダーデールを母港としたカリブ海クルーズに就航。

日本への就航計画[編集]

2016年3月に鹿児島県奄美大島龍郷町芦徳集落に同船クラスのクルーズ寄港計画があることを地元へ説明。芦徳集落倉崎海岸沖の海上に長さ350m幅10.5mの浮桟橋と陸側にレジャーパークを新設する計画で2019年に開業予定とし、年間3月~11月の間北京・上海 - 奄美 - 九州で3泊4日か4泊5日のクルーズを週2回程度運航し、中国人富裕層を年間30万人程度の来島を見込んでいたが、周辺環境への影響等を懸念する地元やインターネット署名による反対運動を受け7月に徳田康光龍郷町長が受け入れ断念を表明した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 芦徳にクルーズ船が寄港する問題の経緯

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
アルーア・オブ・ザ・シーズ
世界最大の客船
2016年2018年
次代:
シンフォニー・オブ・ザ・シーズ