スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
SPECTRUM OF THE SEAS 20190608-2.jpg
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
(2019年6月)
基本情報
船種 クルーズ客船
クラス カジュアル
船籍 バハマの旗 バハマ ナッソー
所有者 ロイヤル・カリビアン・クルーズ英語版 (RCCL)
運用者 アメリカ合衆国の旗 ロイヤル・カリビアン・インターナショナル
建造所 マイヤー・ヴェルフト (ドイツ)
母港 ナッソー
信号符字 C6DQ5
IMO番号 9778856
MMSI番号 311000749
経歴
発注 2015年6月12日
進水 2017年11月8日
竣工 2019年4月11日
就航 2019年4月18日
現況 運航中
要目
総トン数 16万9,379 トン[1]
全長 348 m[1]
全幅

41 m (喫水線)[1]

49.24 m (最大)[1]
喫水 8.8 m[1]
デッキ数 18 (旅客利用区画 16)[2]
機関方式 2 × ABBアジポッド XO スラスター (2 × 20.5 MW)
主機関 4 × 4694 馬力 ブルンボル製 FU115 バウスラスター
推進器 ディーゼル・エレクトリック方式
出力 2 × バルチラ製 12V46F (2 × 1万4,400 kW)[1]
最大出力 2 × バルチラ製 16V46F (2 × 1万9,200 kW)[1]
定格出力 2 × キャタピラー製 3516C HD (2 × 2,500 kW)[1]
航海速力 22.0 ノット
搭載人員 5,622 
旅客定員

4,246 人(2人部屋の単身利用)[2]

4,905 人(最大宿泊人数)[2]
その他 日本語版公式サイト
テンプレートを表示

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ (MS Spectrum of the Seas)は、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航するクルーズ客船

概要[編集]

クァンタム・ウルトラ・クラスの1番船[注釈 1]。 クァンタム・クラスの3隻と同様、スカイダイビングができるアイフライ、ノーススターのほかにVR技術を駆使したアトラクションが追加されている。

就航は2019年4月、グローバルオデッセイと称してバルセロナを出港、46泊の旅程で上海に入港した。同年6月3日、上海で命名式を挙行[3]

日本には就航間もない2019年6月大阪市天保山客船ターミナル[4]及び神戸市神戸ポートターミナル横浜港大黒ふ頭)へ寄港した。当面は上海を母港とし[5]クァンタム・オブ・ザ・シーズに代わり同港を発着するアジアラインのクルーズ客船として運用される予定。 また本船は、2020年7月に開業予定の東京国際クルーズターミナルの入港第1船目に決定[6]している。

大黒ターミナルに接岸中の本船の煙突部分

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語版公式サイトにおいても「クァンタム・クラスをさらに進化」と表現されているが、他の3隻と総トン数がほぼ同じであるためwikipediaにおいては両者を同一クラスとして取り扱う。
    クラスとしてはMSCクルーズのメラヴィリア(en)、僚船でオアシスクラス (en) のシンフォニー・オブ・ザ・シーズ (en) に次ぐクルーズ客船第3の大きさ(英語)である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h "Spectrum of the Seas (36874)". DNV GL Vessel Register. Det Norske Veritas. ノルウェーのセキュリティ企業は現在 Germanischer Lloyd (ドイツ) と合併、社名はDNV GL(英語)
  2. ^ a b c Spectrum of the Seas Fact Sheet (スペクトラム・オブ・ザ・シーズ データシート)” (英語). ロイヤル・カリビアン・インターナショナル. 2015年2月17日閲覧。
  3. ^ Spectrum of the Seas Celebrates Inaugural Season in China (スペクトラム・オブ・ザ・シーズ号、就航記念を中国で祝う)” (英語). www.royalcaribbeanpresscenter.com. 2019年6月4日閲覧。
  4. ^ 大阪市_クルーズ客船入港情報(2019年6月)
  5. ^ スペクトラム・オブ・ザ・シーズ、母港の上海に到着で命名式”. 株式会社クルーズマンズ (2019年6月4日). 2019年6月20日閲覧。
  6. ^ 東京国際クルーズターミナルの開業日と第1船が決定”. 東京都 (2018年9月7日). 2019年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]