ハラベ・タパティオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハラベ・タパティオを踊る男女

ハラベ・タパティオJarabe Tapatío)は、メキシコハリスコ州発祥の民族舞踊および楽曲である。メキシカン・ハット・ダンスとも呼ばれる。メキシコを象徴するダンスとしてメキシコ内外で広く知られている[1]。また、マリアッチによって演奏されることも多い。

通常、一組の男女によって踊られる。男性は手を後ろに組みながら、女性はスカートを振りながら踊る。

「ハラベ」はダンスの一種で、「ハーブの混合物」を意味するアラビア語の単語「Xarab」から[2]、 「タパティオ」はグアダラハラの人々に対する愛称「Tapatío」から来ている[1]

キダ・タロー作曲の「アホの坂田」は、冒頭部分を本楽曲から引用している。また、アメリカテレビアニメアニマニアックス」の楽曲「世界数え歌」も一部本楽曲のメロディーを引用している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Pedelty, Mark (2004). Musical Ritual in Mexico City : From the Aztec to NAFTA. Austin, TX: University of Texas Press. pp. 87–89. ISBN 978-0-292-70231-8. 
  2. ^ José Luis Ovalle. “Jarabe Tapatío” [(Mexican hat dance)] (スペイン語). Chicago: The Mexican Folkloric Dance Company of Chicago. 2012年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]