ノナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノナン
Skeletal formula of nonane
Skeletal formula of nonane with all implicit carbons shown, and all explicit hydrogens added{{{画像alt1}}}
Ball-and-stick model of the nonane molecule{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 111-84-2 チェック
PubChem 8141
ChemSpider 7849 チェック
EINECS 203-913-4
国連/北米番号 1920
MeSH nonane
ChEBI CHEBI:32892 チェック
ChEMBL CHEMBL335900 チェック
RTECS番号 RA6115000
バイルシュタイン 1696917
Gmelin参照 240576
特性
化学式 C9H20
モル質量 128.26 g mol−1
外観 無色透明の液体
匂い ガソリンのような芳香
密度 718 mg mL−1
融点

-274 °C, 219.0 - 220.0 K, -461 °F

沸点

-274 °C, 423.5 - 424.1 K, -461 °F

log POW 5.293
蒸気圧 0.59 kPa (at 25.0 °C)
kH 1.7 nmol Pa−1 kg−1
屈折率 (nD) 1.405
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −275.7–−273.7 kJ mol−1
標準燃焼熱 ΔcHo −6125.75–−6124.67 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 393.67 J K−1 mol−1
標準定圧モル比熱, Cpo 284.34 J K−1 mol−1
危険性
GHSピクトグラム 可燃性 急性毒性(低毒性) 経口・吸飲による有害性
GHSシグナルワード DANGER
Hフレーズ H226, H304, H315, H319, H332, H336
Pフレーズ P261, P301+310, P305+351+338, P331
EU分類 有害 Xn
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
0
0
Rフレーズ R10, R20, R53, R65, R67
引火点 31.0 °C (87.8 °F; 304.2 K)
発火点 205.0 °C (401.0 °F; 478.1 K)
爆発限界 0.87–2.9%
許容曝露限界 なし[2]
関連する物質
関連するalkanes
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ノナン (nonane) は分子式 C9H20、示性式 CH3(CH2)7CH3アルカン。35種の構造異性体が存在する。石油やそれを分留した灯油に含まれる。可燃性、揮発性があり、常温常圧で無色の液体である。

燃焼反応[編集]

十分な量の酸素の存在により他のアルカンと同様に燃焼し水と二酸化炭素が発生する。

C9H20 + 14O2 → 9CO2 + 10H2O

酸素が十分でない場合、不完全燃焼により一酸化炭素が生成する。

2C9H20 + 19O2 → 18CO + 20H2O

出典[編集]

  1. ^ nonane - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2004年9月16日). 2012年1月6日閲覧。
  2. ^ NIOSH Pocket Guide to Chemical Hazards 0466
  3. ^ http://www.ehs.neu.edu/laboratory_safety/general_information/nfpa_hazard_rating/documents/NFPAratingJR.htm

関連項目[編集]

C8:
オクタン
直鎖アルカン C10:
デカン