ナス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナス属
Solanum melongena ja02.jpg
ナスの花と実
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ナス属 Solanum
学名
Solanum L.
タイプ種
Solanum nigrum L.[1]
シノニム

Amatula Medik.
Androcera Nutt.
Cyphomandra Mart. ex Sendtn.
Lycopersicon Mill.
Normania Lowe
Nycterium Vent.
Triguera Cav.[1]

和名
ナス属

本文参照

ナス属(学名:Solanum)は、ナス科の属で、重要な作物であるナスジャガイモを含む。またトマトも、従来は別のトマト属(Lycopersicon)とされていたが、分子遺伝学的研究から現在ではナス属に入れられる[2]。このほかにジロタマリロペピーノなどの食用作物がある。

千数百種が世界の熱帯亜熱帯などに分布し、特にアメリカ大陸に多い[要出典]または低木で、つる性のものも多い。茎や葉にとげのあるものもある(例としてワルナスビ)。は白のほか青、紫、黄などに色づくものがある。果実は液果で黄、赤、紫、黒などに熟す。日本にはイヌホオズキ、ヒヨドリジョウゴ、ヤマホロシや、帰化植物のワルナスビなど数種が野生する。

花(ツルハナナスなど)や果実(ツノナスタマサンゴなど)を観賞するために栽培されるものも多い。アルカロイドを含み、食用にしない種には有毒なものが多い。

特徴[編集]

花冠は幅状または鐘形である。葯は先に孔があき、花柱を取り巻いて互いに接するか、あるいはくっつく。漿果をつける。がくは、花後に伸びることはなく果実を包まない[3]

主なナス属の植物[編集]

日本の自生種[編集]

画像[編集]

ジャガイモの花 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Solanum L. Tropicos
  2. ^ Solanaceae Source [2008]: Phylogeny.
  3. ^ 北村四郎、村田源 『原色日本植物図鑑 草本編(1)』 保育社、1983年10月10日、59。ISBN 4-586-30015-9