オオマルバノホロシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオマルバノホロシ
Solanum megacarpum 1.JPG
群馬県尾瀬 2013年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ナス目 Solanales
: ナス科 Solanaceae
: ナス属 Solanum
: オオマルバノホロシ
S. megacarpum
学名
Solanum megacarpum Koidz.[1]
和名
オオマルバノホロシ

オオマルバノホロシ(学名:Solanum megacarpum )は、ナス科ナス属多年草[2][3][4]

特徴[編集]

地下に匍匐する根茎があり、そこから長いを伸ばす。茎はやわらかく、表面は褐色で、少し毛があるか無毛で、断面は円く、はややつる性となる。は互生し、長さ1.5-2.5cmになる葉柄があり、葉身は卵形から狭卵形で、長さ4-9cm、幅2-4cmになる。葉先は短くとがり、縁は全縁、基部は円形で、葉はほとんど無毛であるが、葉柄、葉の縁、葉脈上に短毛が生える[2][3][4]

花期は8-9月。茎の途中からまばらに分枝する、葉より長い集散花序をつけ、青紫色のを数個-10個つける。は皿形で、先は5裂する。花冠は5深裂し、開くと径1-1.5cmになり、各裂片の先はとがり、基部付近で背面に反り返る。花冠裂片の基部、花喉部に緑色の斑紋がある。雄蕊は黄色で5個あり、花の中心部に集まって直立し、葯は長さ5mmの細長いとがった槍状で、その先端が小さく開いて花粉を散らす。子房は2室からなり、花柱は糸状。果実は長さ12-15mmになる楕円形の液果で先がややとがり、秋に赤色に熟す[2][3][4]

分布と生育環境[編集]

本州(京都府以北・千葉県以北)、北海道、南千島サハリンの冷温帯に分布し、低地や山地の湿原など、湿り気のある場所に生育する[2][3][4]

ギャラリー[編集]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オオマルバノホロシ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d 『日本の野生植物草本III合弁花類』p.95
  3. ^ a b c d 『新牧野日本植物圖鑑』p.664
  4. ^ a b c d 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.409

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本III合弁花類』、1981年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)