ドミノ・ターゲット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドミノ・ターゲット
The Domino Principle
監督 スタンリー・クレイマー
脚本 アダム・ケネディ
原作 アダム・ケネディ
製作 スタンリー・クレイマー
製作総指揮 マーティン・スターガー
出演者 ジーン・ハックマン
音楽 ビリー・ゴールデンバーグ
撮影 フレッド・J・コーネカンプ
アーネスト・ラズロ
編集 ジョン・F・バーネット
製作会社 ITC Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗 AVCO Embassy Pictures
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年7月25日
日本の旗 1978年2月4日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ドミノ・ターゲット』(原題:The Domino Principle)は、1977年制作のアメリカ合衆国アクション映画スタンリー・クレイマー監督。

あらすじ[編集]

ベトナム戦争で名うての狙撃兵として活躍し、除隊後ある男の運転手を勤めていたロイ・タッカーは、男の殺害容疑で恋仲になっていた男の若い妻エリー共々有罪になり、刑務所に服役していた。

そんな彼のもとにある日、マーヴィンという男が面会にやって来る。ロイは彼とは初対面だったが、マーヴィンはロイの過去を知りつくしていた。マーヴィンはその後も刑務所を訪れ、または助手のロスが来て、「我々に協力すれば脱獄させてやる」と言う。ロイは同房のスピヴェンタも一緒に脱獄させるよう要求、やがて2人は脱獄に成功するが、スピヴェンタは待っていた男達に殺された。

一方、ロイはサンフランシスコのホテルの一室でリーザー将軍という男に会わされ、コスタリカ行きを命じられる。現地でマーヴィンと落ち合ったロイは、海岸の優雅な屋敷でエリーと再会する。ロイとエリーは夢のような日々を過ごすが、やがてアメリカに戻されたロイは、リーザー将軍から1丁のライフルを渡される。彼はある組織の手先となり、暗殺の予行演習をさせられることになったのだ。エリーを人質に取られたロイはヘリコプターに乗ってある標的のもとへ。ロイは標的の男に照準を合わせる。しかし寸前で躊躇し、わざと狙いをずらして引金を引く。だが、地上にいた狙撃者が標的を撃った。その狙撃者は、何と死んだはずのスピヴェンタだった。

エリーを取り戻したロイは2人でひっそりと暮らそうとするが、彼にもやがて組織の魔の手が…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]