デルタ航空1288便エンジン爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デルタ航空 1288便
Delta Airlines Flight 1288 Engine Failure.jpg
爆発したエンジン
事故の概要
日付 1996年7月6日
概要 タービンブレードの故障
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ペンサコーラ
北緯30度28分40秒 西経87度11分25秒 / 北緯30.47778度 西経87.19028度 / 30.47778; -87.19028座標: 北緯30度28分40秒 西経87度11分25秒 / 北緯30.47778度 西経87.19028度 / 30.47778; -87.19028
乗客数 137
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
5
死者数 2
生存者数 140
機種 マクドネル・ダグラス MD-88
運用者 アメリカ合衆国の旗 デルタ航空
機体記号 N927DA[1]
出発地 アメリカ合衆国の旗 ペンサコーラ地域空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ウィリアム・B・ハーツフィールド国際空港
テンプレートを表示

デルタ航空1288便エンジン爆発事故(でるたこうくう1288びんえんじんばくはつじこ)はフロリダ州ペンサコーラジョージア州アトランタ行きの定期便だったデルタ航空1288便(マクドネル・ダグラス MD-88)が1996年7月6日にペンサコーラ地域空港の滑走路17から離陸する際に、エンジンが破裂し離陸を中断した事故。エンジン左側のコンプレッサーの破片が左後部客室を貫いた。これにより、2名の乗客が死亡し、2名が重傷を負った。死亡した2人は母親と息子だった。機体は滑走路上で停止し、緊急避難をおこなった。ほとんどの乗客は休みで旅行しているところだった[2]

事故機[編集]

1988年に製造され、1988年11月2日にデルタ航空に納入された。2基のプラット・アンド・ホイットニー JT8D-219ジェットエンジンを搭載し、機体は最大142人の乗客を収容することが可能だった。ファーストクラス14席、エコノミー128席で構成されていた。事故機はN927DAとして登録され、22031時間の飛行を経験していた。(ポーランド語版より[出典無効]

点検[編集]

飛行前点検で副操縦士が1番エンジンに傷跡やオイルが数滴漏れていることと左翼にいくつか欠けたリベットがあることに気付いた。パイロットはNTSBの調査官に対し、問題はどちらも危険性がないとして、機体に危険な問題はなかったと語った。そのため、メンテナンス部門には通知されなかった[3]。しかし、機長は日誌に念のため記入した。

事故の経緯[編集]

離陸[編集]

デルタ航空の所有する同型機

14時23分(CDT)、1288便が滑走路17で離陸滑走を開始した。副操縦士がスロットルを開いて機速が40ノット (74 km/h)に達したところ、操縦室の照明と計器表示が突然落ちた。後部客室の乗客と乗務員は大きな破裂音を聞き、何かが爆発したような感覚を受けた。パイロットはスロットルをアイドルに戻しブレーキをかけて離陸を中止し、逆噴射スポイラーなしで停止した[3]

避難[編集]

脱落した左エンジン前方部

機体の停止後、副操縦士は管制官と交信しようとしたが、操縦室の電源が落ちていて交信できなかった。このため非常電源(APU)を起動してペンサコーラの管制塔に通信し緊急事態を宣言した。操縦室の補助席に便乗していたデルタ航空の非番パイロット(ボーイング767の操縦士)が機体後部を見に行った。副操縦士は翼上の出口が開くのを見、およそ半数の乗客の姿が見えずエンジンから異音がすることに気付いて、操縦室に戻って機長に全エンジンを停止するよう伝えた。14時27分(CDT)、機長は非番パイロットから胴体に大穴が開いて客室内にエンジン破片が散乱し、負傷した乗客がいると聞いて、救急班の出動を要請した。その後彼は、客室に煙や火は無く客室後部の扉が開けられ緊急脱出用スライダーが展張されたと報告した。その扉から避難誘導を始めた客室乗務員が後にNTSBに語ったところでは、そこで彼女は左エンジンから出火しているのに気付いたので避難を一旦中止し、乗客を前方に誘導し直した。彼女によればその時点で多数の負傷者がいて2名は恐らく死亡しており、そのため避難誘導を進めたが後に副操縦士に止められた。機体後部の損傷と危険が大きかったのでMD-88が装備している乗降階段は使うべきでなかったからである。そこで機長は移動式の外付け階段を要請し、これは25分後に到着した[3]

乗客への被害[編集]

1288便の負傷者の分布

ミシガン州スコットビルの39歳女性と12歳の息子が死亡した[4]。死亡した女性の15歳の息子と9歳の娘ははけがをした。合計5人の乗客が負傷し、1人の乗客は、脚を骨折する重傷をおった[5]

事故原因[編集]

調査の後、NTSBは、機体の蛍光浸透検査の過程が原因で発生したファンの亀裂を検出できなかったため、左エンジンのコンプレッサーファンハブの亀裂が悪化した可能性が最も高いと判断した。また事故原因としてデルタ航空のメンテナンスチームが問題を発見できなかったことも要因だとしている。

事故後[編集]

FAAは2016年8月現在、事件に関与した航空機はまだデルタ航空に在籍しており、N927DA[6]として登録されていると報告した[7]。デルタ航空は現在、ペンサコーラ-アトランタ線でMD-88、MD-90エアバスA319エアバス A320ボーイング757-200を使用している。2016年5月現在、「 デルタ航空1288便」はニューヨークのラガーディア-フォートローダーデール線で使用されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "FAA Registry". Federal Aviation Administration. 
  2. ^ "[1]" ヒューストン・クロニクル. Sunday July 7, 1996. A1. Retrieved on February 13, 2009.[リンク切れ]
  3. ^ a b c [2], NTSB, January 13, 1998.[リンク切れ]
  4. ^ MATTHEW L. WALDPublished: July 7, 1996 (1996年7月7日). “2人はエンジンの爆発で殺された - ニューヨーク・タイムズ”. Nytimes.com. 2017年10月1日閲覧。
  5. ^ 2 デルタ航空のエンジン爆発、2人の命を奪う - ロサンゼルス・タイムズ”. Articles.latimes.com (1985年6月27日). 2017年10月1日閲覧。
  6. ^ "FAA Registry". Federal Aviation Administration. 
  7. ^ FAA aircraft registry http://registry.faa.gov/aircraftinquiry/NNum_Results.aspx?NNumbertxt=N927DA