イーストウインド航空517便急傾斜事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イーストウインド航空 517便
10ai - Eastwind Airlines Boeing 737-2H5; N221US@TPA;27.01.1998 (4786180859).jpg
事故の2年後にタンパ国際空港で撮られた事故機のN221USの写真
出来事の概要
日付 1996年6月9日
概要 方向舵油圧装置の異常によるラダーリバーサルの発生
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州 リッチモンド国際空港
乗客数 48
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
1
死者数 0
生存者数 53(全員)
機種 ボーイング 737-2H5
運用者 アメリカ合衆国の旗 イーストウインド航空
機体記号 N221US
出発地 アメリカ合衆国の旗 トレントン・マーサー空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 リッチモンド国際空港
テンプレートを表示

イーストウインド航空517便急傾斜事故(イーストウインドこうくう517びんきゅうけいしゃじこ)とは、トレントン・マーサー空港リッチモンド国際空港行きのボーイング 737-2H5が着陸時の最終アプローチ中に機体が大きく右に傾いた事故である。機体は無事着陸できたが、1名が軽傷を負った。

事故当時のイーストウインド航空517便[編集]

事故の概要[編集]

事故当時517便は対気速度約250 ノット (460 km/h; 290 mph)、高度約4,000 フィート (1,200 m)で飛行していた。その時、飛行機が大きく右に傾き、操縦不能になった。クルー達は水平に戻すためエルロンを操作し、飛行機は30秒後に自分自身で水平に戻った[要出典]。緊急時のチェックリストを実行しようとした時、再び機体が大きく右に傾き、30秒後に水平に戻った。副操縦士が緊急事態を宣言し、リッチモンド国際空港に無事着陸した。機体に大きな損傷はなかった。この事故が、数年前に発生したユナイテッド航空585便墜落事故1991年3月3日)とUSエアー427便墜落事故1994年9月8日)の事故の原因を解明するのに役立った。

その後737型機の方向舵は特定の状況下では方向舵が操縦士の操作とは逆方向に動いてしまうというラダーリバーサル現象が発生することが判明した[1]

関連項目[編集]

この事故を扱った作品[編集]

注釈[編集]