ディアニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディアニア
生息年代: 521 Ma
Diania NT.jpg
ディアニアの復元図
地質時代
カンブリア紀Cambrian Stage 3
分類
: 動物界 Animalia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
階級なし : 汎節足動物 Panarthropoda
葉足動物 "Lobopodia"
: (和訳なし)Xenusia
: ディアニア属 Diania
: D. cactiformis
学名
Diania cactiformis
Liu et al.2011
和名
ディアニア・カクティフォルミス
英名
Diania

ディアニアDiania)は、葉足動物の1澄江動物群の1つである。中国澄江の前期カンブリア紀の地層より D. cactiformis 一種のみが発見されている。研究段階では「歩くサボテン」というニックネームで知られていた。

胴体は単純な蠕虫様だが、足は丈夫で棘があり、関節が認められた。関節のある足(関節肢)という特徴は節足動物のものであるため、節足動物の起源に近い可能性を示した葉足動物である。しかしその後、節足動物との直接的な関係性が否定され[1]、有爪動物に近い系統とする知見もあった[2](後述参照)。

発見[編集]

この動物は、西安の西北大学の劉建妮(Jianni Liu)、北京の中国地質大学のQiang Ou、およびベルリン自由大学のミヒャエル・シュタイナー(Michael Steiner)によってそれぞれ独自に発見された。この化石は、中国の南西部の約5億2千万年前のラーガーシュテッテである澄江(帽天山頁岩)から出土した。ディアニアが出土したのは、カンブリア紀ステージ3(Atdabanian:アトダバニアン期)に属すると見なされている玉案山部層である。

名前[編集]

属名のディアニアは、化石が発見された雲南省の別名より。種小名のカクティフォルミス cactiformis は、そのサボテン(cactus)に似た外見に由来する。このため、命名前に研究チームは非公式に「歩くサボテン」と呼んでいた。

特徴[編集]

ディアニアの完全な化石では、体長は約6cm。胴体は細長い。前方には摂食に使用していたと考えられる吻がある。脚は10対あり、胴体と比べると頑丈で、棘がある。化石にあった棘のために「歩くサボテン」として知られることになった。最も重要な点は、脚に、堅い外骨格がリング状の構造で区切られた関節が認められることである。

系統関係[編集]

節足動物との関係性[編集]

ディアニアが所属する葉足動物というグループは、節足動物と何らかの関係があるのではないか、あるいは節足動物はこのグループの何者かから派生したのか、長く議論されていた。今まで発見された葉足動物の脚は、柔軟で、関節肢的ではない。しかしディアニアは、関節肢らしき脚を持った葉足動物である。 ディアニアは、脚の分節化(堅いリング状の関節が脚に備わる)が、体の分節化(胴体に備わる)より先だということを示唆する。著者たちは化石の原記述で、ディアニアを、シンダーハンネスや残りの節足動物の姉妹群として考えられた。

汎節足動物


他の葉足動物(側系統群)



有爪動物





他のアノマロカリス類




ディアニア




シンダーハンネス



節足動物






反発と新たな知見[編集]

原記述が発表された同年、その系統関係はより初期な分岐点に当たる共通先祖性質を従いせず、分岐学的に致命な欠陥があるだと指摘する見方もいた [1] [3] 。ディアニアは関節肢らしき脚を持っているが、原記述でより初期な系統とされたアノマロカリス類に見かける特化した前方付属肢は無く、他にもより初期な、節足動物に類似する根本的な共通先祖性質も無かった。

その一方、アノマロカリス類や他の恐蟹綱のものは、複眼、消化腺、鰭と脚の組み合わせ(ニ叉型付属肢)など多くの根本的な共通性質から節足動物との関係性を示唆する。すなわち、ディアニアは系統関係が明らかになっていない葉足動物とされ、節足動物の関節肢という共通性質は収斂進化として見なされていた。それ以降は、ディアニアを一部の葉足動物と共に、有爪動物の初期系統に近いものとして考えられた知見もあった[2]。また、原記述に従った、シンダーハンネスをアノマロカリス類から区別し、真の節足動物の姉妹群にするという説も、疑問点があるだと指摘された(シンダーハンネス#発見の意義を参照)。

汎節足動物


他の葉足動物ディアニア含む、側系統群




ハルキゲニア



有爪動物






他の恐蟹綱(側系統群)




アノマロカリス類シンダーハンネス含む)



節足動物





参照[編集]

  • Jianni Liu, Michael Steiner, Jason A. Dunlop, Helmut Keupp, Degan Shu, Qiang Ou, Jian Han, Zhifei Zhang & Xingliang Zhang. “An armoured Cambrian lobopodian from China with arthropod-like appendage”. Nature 470 (7335): 526–530. doi:10.1038/nature09704. 

脚注[編集]

  1. ^ a b Legg, D. A.; Ma, X.; Wolfe, J. M.; Ortega-Hernández, J.; Edgecombe, G. D.; Sutton, M. D. (2011). “Lobopodian phylogeny reanalysed”. Nature 476 (7359): E1; discussion E3–4. doi:10.1038/nature10267. PMID 21833046. 
  2. ^ a b Smith, Martin R.; Ortega-Hernández, Javier (2014). “Hallucigenia's onychophoran-like claws and the case for Tactopoda”. Nature 514 (7522): 363–366. Bibcode 2014Natur.514..363S. doi:10.1038/nature13576. PMID 25132546. http://dro.dur.ac.uk/19108/1/19108.pdf. 
  3. ^ Mounce, R. C. P.; Wills, M. A. (2011). “Phylogenetic position of Diania challenged”. Nature 476 (E1): E1. Bibcode 2011Natur.476E...1M. doi:10.1038/nature10266. PMID 21833044. 

外部リンク[編集]