シンダーハンネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シンダーハンネス
生息年代: デボン紀前期
Schinderhannes NT2.jpg
復元図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
古生代デボン紀前期
分類
: 動物界 Animalia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
階級なし : 汎節足動物 Panarthropoda
: 節足動物門 Arthropoda[1]
: 恐蟹綱 Dinocaridida
: 放射歯目 Radiodonta
亜目 : アノマロカリス亜目 Anomalocarida
: フルディア科 Hurdiidae[2]
: シンダーハンネス属 Schinderhannes
学名
genus Schinderhannes
Kühl, Briggs & Rust, 2009
和名
シンダーハンネス
下位分類(
Schinderhannes bartelsi
Kühl, Briggs & Rust, 2009

シンダーハンネス・バルテルシSchinderhannes bartelsi)はアノマロカリス類の一種。2009年に、前期デボン紀のフンスリュック粘板岩層から発見された1個の化石標本によって知られる。この発見は驚きを持って迎えられた。なぜなら、それ以前にはアノマロカリス類はそれより1億年以前のカンブリア紀の例外的に保存の良い化石鉱床(ラーゲルシュテッテン)からしか見つかっていなかったからである[3]

発見[編集]

唯一の標本は、ブンデンバッハw:Bundenbach)の Eschenbach-Bocksberg 採石場から発見された。名前は、この地方に出没した無法者のシンダーハンネス(w:Schinderhannes)にちなんで名付けられた。種小名のバルテルシは、フンスリュック粘板岩の専門家の Christoph Bartels への献名。標本は現在、マインツ自然史博物館に収蔵されている[3]

形態[編集]

シンダーハンネスは体長約10cmの小型アノマロカリス類である。他のアノマロカリス類と同様に、頭部には円状に並んだ歯と一対触手(大付属肢)を備えている。また、大きくて柄のついた複眼がある。 腹側で保存された化石から、両辺は節足動物の背板らしき構造がはみ出している。体は12節から成り、そこには10対の短い櫛状の構造が並んでいる。原記述において、これは腹側に付く二叉型の鰭(ひれ)として復元されたが、疑問を呈する向きがあった(後述参照)。大きな鰭状の構造が、11番の体節と、頭部のすぐ後ろから突き出ている。最終の節に付属肢がなく、肛門と剣状の尾が備えている[3]

生態[編集]

保存されている消化道の形態は、捕食性の動物に典型的なものである[4]。また、棘のある触手や、眼のサイズからも、捕食性が支持される[3]。遊泳型とされ、頭部につながっている長い鰭で推進力を得ており、第11節にある翼状の鰭を安定のために使っていると思われる[3]。これらの鰭は、カンブリア紀のアノマロカリス類の水平鰭から派生していると考えられる。祖先型は、このような側方に張り出した一連の鰭を遊泳に使っていたが、シンダーハンネスのような特殊化はされていなかった[3]

発見の意義[編集]

シンダーハンネスの発見の最も重要な意義は、アノマロカリス類の生息期間を大幅に拡張したことである。このグループは以前は、それより1億年以前の前期~中期カンブリア時代のラーゲルシュテッテンからのみ発見されていた。このことは、フンスリュック粘板岩のようなラーゲルシュテッテンの有用性を強調した。これらの、例外的に保存のいい化石層によってのみ、鉱物化されない形態を観察できるのかもしれない[5]

真節足動物との関係性[編集]

原記述において、シンダーハンネスの発見は初期節足動物の分類について、いくつかの問題に答えを出すかもしれない。最も注目すべき点は、この動物の背側には他のアノマロカリス類に見られない明瞭な体節構造(背板)があることと、ニ叉型らしき鰭を持っていることで、いわゆる真節足動物の共通原始性質を持っている。このことはアノマロカリス類が側系統であること、つまり節足動物はアノマロカリス類から分化したことを示唆する。また、シンダーハンネスの短い鰭の構造から、節足動物のニ叉型付属肢が、アノマロカリス類の鰭と「setal blade」(鰓と思われる櫛状構造)の融合を通して生じたということも示唆するように思われる[6]



他のアノマロカリス類側系統群




シンダーハンネス



節足動物




しかしその後、他のアノマロカリス類における新たな知見に併せて検討すると、上述の知見は疑問視されている向きがあった[7]。化石は明らかに形成過程で圧縮変形され、節足動物らしき背板とされた両側の部分は、圧縮によりはみ出した、オパビニアのような硬化していない節である可能性が指摘されている[7]。また、ニ叉型の鰭とされた部分も疑われる。この部分は真節足動物のニ叉型付属肢との類似性が低く、むしろ他のアノマロカリス類に見かける櫛状の構造「setal blade」そのものに類似しており、またはライララパクスの化石に見かけるような筋組織と櫛状の構造が重ねた跡[8]ではないかとも指摘された[7]

これらの真節足動物らしき性質が疑問を呈する一方、他の部分は真節足動物よりもアノマロカリス類的である。従って、シンダーハンネスは真節足動物の姉妹群ではなく、単系統群であるアノマロカリス類に含んだものとする見方も多い[7]



アノマロカリス類シンダーハンネスを含んだ単系統群)



節足動物



外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 詳しくはアノマロカリス類#分類を参照。
  2. ^ Van Roy, Peter; Daley, Allison C.; Briggs, Derek E. G. (2015). “Anomalocaridid trunk limb homology revealed by a giant filter-feeder with paired flaps”. Nature 522: 77–80. doi:10.1038/nature14256. PMID 25762145. 
  3. ^ a b c d e f Gabriele Kühl, Derek E. G. Briggs & Jes Rust (2009). “A great-appendage arthropod with a radial mouth from the Lower Devonian Hunsrück Slate, Germany”. Science 323 (5915): 771–773. Bibcode 2009Sci...323..771K. doi:10.1126/science.1166586. PMID 19197061. 
  4. ^ Nicholas J. Butterfield (2002). “Leanchoilia, and the interpretation of three-dimensional structures in Burgess Shale-type fossils”. Paleobiology 28 (1): 155–171. doi:10.1666/0094-8373(2002)028<0155:LGATIO>2.0.CO;2. JSTOR 3595514. 
  5. ^ doi:10.1111/j.1502-3931.1995.tb01587.x
  6. ^ doi:10.1126/science.1169514
  7. ^ a b c d Making sense of “lower” and “upper” stem-group Euarthropoda, with comments on the strict use of the name Arthropoda von Siebold, 1848
  8. ^ Peiyun Cong; Xiaoya Ma; Xianguang Hou; Gregory D. Edgecombe; Nicholas J. Strausfeld (2014). “Brain structure resolves the segmental affinity of anomalocaridid appendages”. Nature 513 (7519): 538–42. doi:10.1038/nature13486. PMID 25043032. 

関連項目[編集]