ミアンセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テトラミドから転送)
移動先: 案内検索
ミアンセリン
Mianserin structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
投与方法 経口
識別
CAS番号
(MeSH)
24219-97-4 21535-47-7(塩酸塩)
ATCコード N06AX03 (WHO)
PubChem CID: 4184
KEGG D08216
化学的データ
化学式 C18H20N2
分子量 264.365
ミアンセリン(テトラミド®錠)30mg

ミアンセリン(英:Mianserin)は、抗うつ薬として用いられる有機化合物の一種。ラセミ体である。においは無く、味は苦い。メタノールにやや溶けやすくトルエンに溶けにくい。

四環系抗うつ薬の一種で、塩酸塩が1966年にオランダオルガノン社(現シェリング・プラウ)により開発された。日本では1983年に上市された。2010年現在シェリング・プラウ製造販売、第一三共販売でテトラミドという商品名で発売されている。うつ病・うつ状態の治療薬に使用される。

作用機序[編集]

シナプス前膜にあるアドレナリンα2受容体を阻害することにより、神経シナプス間隙へのノルアドレナリンの放出を促進し、受容体への刺激を増進することにより、抗うつ作用を示す。抗コリン作用は極めて弱い。

適応症[編集]

うつ病・うつ状態

禁忌[編集]

慎重投与[編集]

種類[編集]

  • 錠剤:10mg,30mg

副作用[編集]

重大な副作用としては

がある。

参考[編集]