ツーリング (工具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ツーリング英語: tooling)とは、

  • ツール(tool) のアソート(assort 盛り合わせ)。特に機械的なプロセス(何かを作るために行われる操作)に必要なそれのこと[1]
  • ツールを使って何かを作るプロセスのこと。(ツール抜きで手だけで作る行為との対比)


例えば、加工機器のツーリングとしては、様々な加工(ミーリング、ドリリング、ボーリング 等々)ごとにツールがあり、例えば、エンドミル、ドリル、リーマ、タップ、正面フライス、ボーリングバイトなどである。例えばフライス盤があったとしても、それだけで加工ができるわけではなく、様々な目的のためのさまざまな工具があるから、ひとつひとつのプロセスが行える、ということになる。ひとつの加工機械にとりつけて使うツール toolの群を指して、「ツーリング」と呼ぶわけである。

なお、機械加工の精度は、(大きな)加工機器の影響だけでなく、そこにとりつけるひとつひとつのツールの影響も大きく受けている。フライス盤ではNT規格、マシニングセンターではBT規格が主流であるが、近年ISO規格であるHSK規格が増えてきている。

[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Oxford Dictionaries [1]
  2. ^ 日本の加工機器にとりつけるためのtooling(tool群)の主なメーカーは例えば次のとおり。