チ-37号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チ-37号事件(チ-37ごうじけん)とは、1961年秋田県秋田市にて発生した偽札事件である。1973年11月公訴時効が成立し、未解決事件となっている。

概要[編集]

1961年(昭和36年)12月7日秋田県秋田市にある日本銀行秋田支店で、廃棄処分にされる紙幣の中から偽千円札が発見された。これ以降1963年(昭和38年)まで、22都道府県から合計343枚発見された。警察は「チ-37号事件」と命名した(「チ」は紙幣偽造事件において千円札を意味する警察のコードで、「37」は37番目の千円札の偽札事件であることを意味する)。

最初に偽札が発見されたのは秋田市で、日本銀行秋田支店で1961年12月7日に廃札係に回された、廃棄処分される予定の紙幣から偽札が発見された。偽札は本物に比べて紙の厚さや手触りに違いがあったが、あくまで本物と比較した場合に「辛うじて判別できる程度」の細微な違いであり、偽札だけを手に取っても、まず判別は不可能であるほどの精巧な作りであったという。

警視庁捜査第三課が捜査するも、チ-37号は巧妙化していった。初めは通し番号が「WR789012T」と連続した数字で、数字の配列が右下がりになっていたことが新聞報道されると、翌1962年に発見されたものは数字が「DF904371C」となった上、数字の配列が真っすぐになるなど、より偽札の精度が高いものになっていった。また、肖像の目尻が本物より下がっていると指摘を受けると、それも修正した。

警察庁は、地方紙だけに情報を載せることによって、犯人の居場所を特定しようとしたが、犯人はどんな小さな記事も見逃さず、偽札に改良を加えていった。

偽札を使った「犯人らしき人物」は、何度か目撃されている。

  • 1962年(昭和37年)9月10日、千葉県佐倉市の駄菓子屋で、偽の1000円札を使用してチューインガム100円を購入して、つり銭を受け取った男性が目撃された。男性は年齢は35~36歳、白いハンチング帽を被り、体は小柄だがガッシリしており、顔は黒かった。
  • 1963年(昭和38年)3月5日、静岡県清水市(現・静岡市清水区)の青果店で、偽の1000円札を使用して100円のミカンを購入して、つり銭を受け取った男性が目撃された。男性は年齢は30歳くらい、背丈は155センチくらい、丸顔であった。
  • 1963年(昭和38年)3月6日、静岡県静岡市の青果店で、偽の1000円札を使用して30円の干し椎茸を購入して、つり銭を受け取った男性が目撃された。男性は年齢は30代、黒いハンチング帽を被り、黒縁メガネをかけ、丸顔であった。

佐倉市の目撃証言は、駄菓子屋の主人が片目に障害があったため、人相がはっきりしなかったが、清水市と静岡市の人相に関する目撃証言によって、モンタージュが作成されて公開されたが、検挙には至らなかった。

1963年(昭和38年)11月4日に偽札が発見されたのを最後に、偽札が出てくることはなくなった。

1973年(昭和48年)11月4日に公訴時効が成立して、捜査打ち切りで迷宮入りとなった。チ-37号は「日本の偽札史上、最高の芸術品」といわれている。

対応[編集]

1962年9月6日、警視庁は、偽千円札を届け出た者に対して1枚につき3000円の謝礼、犯人に繋がる重要な情報を提供した者には1万円から100万円の謝礼を出すことを決定した。銀行協会も犯人への有力情報に100万円の懸賞金を出すことを発表した。

事件や警視庁の対応は当時の小学生にも知れ渡り、「Aさんが300円の品物を千円札で買ったところ、2700円のお釣りが返ってきた。それはなぜか」という内容のクイズが流行した。これは漫画「三丁目の夕日」でも描かれている。

1963年11月1日、紙幣の信頼維持のため、肖像を聖徳太子から伊藤博文に変更した新千円紙幣(C号券)を発行した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]