チョコバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チョコバリChocoBari)は、大阪市の製菓会社林一二がセンタンアイスクリームブランドで製造販売しているアイスクリームの商品名。

商品概要[編集]

バニラアイスを、砕いたピーナッツ小麦粉のクランチをまぶしたチョコレートでコーティングしたスティックタイプのアイスクリームで、分類上はラクトアイスに該当する。1971年に販売を開始したロングセラー商品。チョコバリの販売価格は100円前後。奈良県大和郡山市の林一二奈良工場と奈良県天理市の林一二奈良第二工場で製造される。当たりくじ付きであり、当たりの焼き印があるスティックをキャンペーン事務局宛に郵送すると、1,000円分のQUOカードが届く[1]。ただし、マルチアイス版では実施されていないので注意。

原材料等[編集]

広告宣伝活動[編集]

1999年頃には前田愛CM出演。2005年からはアニメーションを使い、ペンギンと女の子のオリジナルキャラクターを登場させ、話題を呼んだ。2007年からは、同じセンタンブランドの「フロール」でも別のキャラクターを登場させている。 夏季を中心に、大阪の毎日放送TBS系列準キー局)と東京のテレビ朝日(大阪の朝日放送キー局)などでCMを放映している。

2009年には「センタンチョコバリ ウマウマ〜」という歌詞の、ニコニコ動画等で有名になったウマウマを彷彿とさせるCMを放映している。更に、公式ページにてマスコットキャラクターに名前と設定が載るようになった。

マスコットキャラの名前
  • 「みるくん」 …ペンギン。オス。
  • 「ちょこりん」…ペンギン。メス。
  • 「まっちゃりーの」…ペンギン。オス。
  • 「ももりーな」 …ペンギン。メス。
  • 「千咲」 …少女。人間。

尚、同企業の別商品「フロール」に登場した少女の設定は現時点で不明である。

脚注[編集]

  1. ^ 2007年度までは郵便為替であったが、2008年度からQUOカードに変更された。

同種商品[編集]

外部リンク[編集]