チトワン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チトワン郡の位置(黄色い部分)

チトワン郡(ネパール語:चितवन जिल्ला)はネパール東部の第三州の郡。 郡都はバラトプル2016年7月1日の人口は64万4219人[1]。 面積は2218km²、人口密度は290.5人/km²。 インドに国境を接するいわゆるタライ(マデス)地方の一部。 現在はバラトプル市の一部になっているナラヤ二川に沿ったナラヤンガートはこの地方最大のショッピングセンターで、近郷近在から多くの人が買い物に来る。 郡内には40の村落開発委員会(VDC)があり、各VDCには9つの区ないしは村落がある。そのほかに準大都市圏バラトプルとラトナガル自治体がある。

産業[編集]

チトワン郡はマスタードオイルの生産で有名である。 チトワンの土壌は「シルト」といわれるものが大部分でマスタードの生産に適している。 所々粘土質の土壌があり、の生産に適している。 他に有名な商品作物にはトウモロコシ小麦がある。 チトワンの土壌は野菜の生産にも適しており、キャベツカリフラワー大根じゃがいもブロッコリーきゅうりかぼちゃにんじんなども生産されている。 チトワンではネパールの鶏の80%が生産され、花卉マッシュルームはちみつの生産も盛んである。

植物相と動物相[編集]

チトワンは世界遺産チトワン国立公園に代表されるように植物相・動物相が豊かである。 インドサイの最後の生き残り、ヒョウワニニシキヘビ、数種類のシカが公園内に住んでおり、ベンガルトラの最後の生息地となっている。

脚注[編集]

  1. ^ City Population閲覧日:2017年1月14日