ダイヤモンド・ジュビリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイヤモンド・ジュビリー・ウィンドウ(インドプネ工科大学

ダイヤモンド・ジュビリー: diamond jubilee)とは、60周年の記念日[1][2]、或いは60周年の記念式典[1][2]。特に、君主の即位や、団体の創設を記念する文脈で用いられる[3]

人物ではなく、団体の場合は、[要出典]75周年を「ダイヤモンド・ジュビリー」とする例もある[4][例 1][例 2][例 3][例 4]

ダイアモンド・ジュビリーとも表記される[5]

イギリスと英連邦諸国[編集]

ヴィクトリア女王の治世60年を記念する集会所の時計(イングランドグロスタシャーのウォットン・アンダー・エッジにて)。時計は"1837 - 1897"を指している。

元来、ダイヤモンドジュビリー75周年記念を意味していた。これは、シルバーが25周年、ゴールデン50周年に続き、ダイヤモンドが75周年で、いずれも25の倍数になっている。しかし、英国でヴィクトリア女王の即位60周年がダイヤモンド・ジュビリー英語版として1897年6月22日に祝賀されて以来、60周年記念に変化した[要出典]

エリザベス2世のダイヤモンド・ジュビリー英語版は、2012年の年間を通して英連邦諸国中で祝された[6]国王ジョージ3世は在位60年となる1820年にダイヤモンド・ジュビリーを迎える数か月前に死去した[要説明]

その他の国々[編集]

東アジアでは、通例「ダイヤモンド・ジュビリー」と呼ばれることはないが、ちょうど60年で一巡する干支がそれに相当するものとして、伝統的に節目の年とされてきた。

皇帝である康熙帝乾隆帝日本天皇である昭和天皇タイ王国国王であるプーミポン・アドゥンヤデートが各々、即位60周年に際して祝賀された。

そのほか、大韓民国は2005年に、中華人民共和国は2009年に、それぞれ建国60周年を祝った。

南アジアでは、ダイヤモンド・ジュビリーは100週記念を祝う際の用語としても使用される。たとえば、インドパキスタンには、映画館での上映期間が100週以上となった映画を指す「ダイヤモンド・ジュビリー映画」なる言い回しがある。

世界最長の在位期間を経験したスワジランドソブーザ2世は、戴冠から60年を迎えた1981年にダイヤモンド・ジュビリーを祝された。

在位60年記念を祝賀された君主の一覧[編集]

肖像 君主 即位日 記念祭 詳細
Queen Victoria -Golden Jubilee -3a cropped.JPG 女王ヴィクトリア イギリスの旗 イギリスおよび残りの大英帝国の国々 1837年6月20日 1897年6月22日[7] 女王ヴィクトリアのダイヤモンド・ジュビリー英語版
Emperor Francis Joseph.jpg 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世 Flag of the Habsburg Monarchy.svg オーストリア帝国
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
1848年12月2日 1908年6月12日  
Johor-Ibrahim.jpg イブラヒム英語版 Flag of Johor.svg ジョホール王国 1895年9月7日 1955年9月17日
Sobhuza.jpg 国王ソブーザ2世 エスワティニの旗 スワジランド 1899年12月10日 1959年12月
Emperor Showa 1956-11-face.jpg 昭和天皇 日本の旗 日本 1926年12月25日 1986年4月29日[8] 天皇陛下御在位六十年記念式典
Bhumibol Adulyadej 2010-9-29 2 cropped.jpg 国王ラーマ9世 タイ王国の旗 タイ王国 1946年6月9日 2006年6月10日 ラーマ9世在位六十年記念式典英語版
Elizabeth II opens Welsh Parliament in 2021 I (cropped).jpg 女王エリザベス2世 イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
カナダの旗 カナダ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
及び他の12の英連邦王国
1952年2月6日 2012年6月2日 - 5日 エリザベス2世のダイヤモンド・ジュビリー英語版
Agha-Khan-IV.jpg アーガー・ハーン4世 シーアイスマーイール派 1957年7月11日 2017年7月11日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b diamond jubilee”. Cambridge Dictionary from Cambridge Advanced Learner's Dictionary & Thesaurus. Cambridge University Press. 2017年12月8日閲覧。
  2. ^ a b 「ダイヤモンド・ジュビリー」を祝いましょう!”. London.navi.com (2012年5月17日). 2017年12月8日閲覧。
  3. ^ diamond jubilee”. OxfordDictionaries.com. 2017年12月8日閲覧。
  4. ^ diamond jubilee”. CollinsDictionary.com. Collins English Dictionary – Complete & Unabridged 11th Edition.. 2017年12月8日閲覧。
  5. ^ 自主ツアーガイドブック 日本語 JAPANESE (PDF)”. Legislative Assembly of British Columbia. pp. 8-9 (2017年). 2017年12月8日閲覧。
  6. ^ “Extra bank holiday to mark Jubilee”. Press Association. (2010年1月5日). オリジナルの2010年1月5日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5mYhY2Lxk?url=http://www.google.com/hostednews/ukpress/article/ALeqM5iFc6Cmk-AJ72Mo5lMkmGuUqHSxIw 2010年1月5日閲覧。 
  7. ^ "Queen Victoria's Diamond Jubilee"
  8. ^ 昭和天皇が流した涙”. 文藝春秋 (2009年11月2日). 2017年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

(以下に挙げるように、必ずしも間隔が一定ではない)