イオンモール名古屋ワンダーシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール名古屋ワンダーシティ
ÆON MALL Nagoya WONDER CITY
AEON Wonder City Shopping Center 01.JPG
ダイヤモンドシティ・ワンダーシティ時代
店舗概要
所在地 452-0817
愛知県名古屋市西区二方町40番[1][2]
愛知県名古屋市西区二方町47番(ダイヤモンドシティワンダーシネマ10)[1][3]
開業日 1994年(平成6年)3月17日[4]
閉業日 2007年(平成19年)8月20日[2][9][10]
施設所有者 アイテックス(シネマ棟以外)[5]

日本リテールファンド投資法人(シネマ棟以外)[6]

三菱商事株式会社(シネマ棟以外)[6]
三菱HCキャピタル株式会社(シネマ棟)
施設管理者 アイテックス(本棟・シネマ棟以外)・ダイヤモンドシティ(本棟・シネマ棟)[4]

イオンモール株式会社[7]
敷地面積 約40,000m2(開業時)[4]

108,574.40[2] m²
延床面積 59,935m2(開業時)[4]

75,361.94[2]

55,841m2[1] m²
商業施設面積 約40,000m2(開業時)[8]

31,771m2[1][9]
3,986m2(ダイヤモンドシティワンダーシネマ10)[1] m²
中核店舗 ジャスコワンダーシティ店
店舗数 70[4](本棟)
営業時間 施設により異なる
駐車台数 約3,000台(本館棟)
約460台(シネマ棟)
約150台(レストラン棟前)台
前身 アイテックス本社工場[4]
後身 mozoワンダーシティ
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール名古屋ワンダーシティ(イオンモールなごやワンダーシティ)は、愛知県名古屋市西区二方町に所在していたショッピングセンター1994年(平成6年)3月17日開業。

大規模な建て替えののち、2009年平成21年)4月21日以降は「mozoワンダーシティ[11]」として営業を行っている。

概要[編集]

1993年(平成5年)2月4日、三菱商事グループのアイテックス(旧愛知紡績)[注釈 1]は、本社工場の遊休地を活用して[4]ショッピングセンター「ワンダーシティ21(仮称)」の開設計画を発表[13]。この時点ではダイヤモンドシティをデベロッパーとして、第4次商圏で約10万世帯、商圏人口30万人を対象とする計画であった[14]。なお、当地は「工業地区」指定のため、そのままではショッピングセンターの建設は不可能であったことから、行政に働きかけて市街化調整区域に変更した上で建設が進められた[15]

開業時点では、約40,000m2の敷地に建てられた鉄骨造地上4階建て延床面積約59,935m2の建物内に、ジャスコを核店舗として物販店舗52店舗と飲食店など18店舗の合計70店舗が入居[4]1972年(昭和47年)3月に建設された建物を活用した「ワンダースクエア棟」には、デイツースポーツオーソリティが出店していたほか、2005年(平成17年)3月時点では「ダイヤモンドシティワンダーシネマ10」を除くと12棟で構成されていた[5]2002年(平成17年)12月には、道路を挟んだ隣接地へ[5]「ダイヤモンドシティ ワンダーシネマ10」を開設[1]イオンシネマのほか、物販店舗としてエイデンライトオンも入居していた[1]

建て替え、新店舗への移行[編集]

その後、施設の老朽化や郊外型大型店への規制強化の施行が迫ったことなどを理由に建替えが決定し[16]2007年(平成19年)8月20日に当施設の主要部分を閉店した[2][9]。建替え事業は三菱商事によるもので[2]、以降は映画館のみ営業しながら建て替えを進め[17]2009年(平成21年)4月9日にはシネマ棟で営業していた「ワンダーシティ食品館」を閉店した[18]

建て替えの終了後、2009年4月21日に「mozoワンダーシティ」として開業[11][注釈 2][22]。なお、この建て替え・開業に伴い、「ダイヤモンドシティ ワンダーシネマ10」の名称は2009年(平成21年)4月13日付で廃止され、mozoワンダーシティに統合された[3]

歴史[編集]

  • 1994年平成6年)3月17日 - ダイヤモンドシティとアイテックス、三菱商事、ジャスコが中心となり、工場跡地に「ワンダーシティ」を開設[4]
  • 2000年(平成12年)12月 - シネマ棟「ワンダーシネマ10」を開設[1]。名古屋市内では初めてシネコン併設SCとなる。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月31日 - ダイヤモンドシティのショッピングセンターとしては初めてISO14001の認証を取得。
    • 10月1日 - 株式会社ダイヤモンドシティがスポーツクラブ「コムズ」をグンゼスポーツ株式会社に売却[23]
  • 2002年(平成14年)4月 - 電力自由化にともない、電力供給を中部電力から三菱商事系列のダイヤモンドパワーに変更。ダイヤモンドシティとしては電力自由化に対応する初めてのケースとなった。
  • 2005年(平成17年)3月31日 - 本棟・ワンダースクエア棟などシネマ棟以外の建物・敷地の所有権をアイテックスから不動産投資信託の日本リテールファンド投資法人へ信託譲渡するという形で移管[5]
  • 2007年(平成19年)
    • 8月20日 - 本棟などが主要部分が閉店[2][9]
    • 8月21日 - 運営会社が合併に伴いダイヤモンドシティからイオンモールへ移行。本施設の名称も「イオンモール名古屋ワンダーシティ」と改められる[24][25]
    • 8月31日 - 建て替え作業に伴い、同日付で土地・建物の権利を三菱商事へ一時譲渡[2][注釈 3]
    • 12月27日 - 名古屋市に大規模小売店舗立地法に基づき、新築後のショッピングセンターを申請。「ワンダーシティ21」および「ワンダーシネマ10」を統合し、申請上でも新本館と既設シネマ棟が一体の小売店舗として運営されることとなった。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月19日 - 新SCの名称を「mozoワンダーシティ」とすることを発表[27]
    • 4月21日 - 「mozoワンダーシティ」として開業[11]

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]

名古屋市届出関係[編集]

大規模小売店舗立地法による届出公示[編集]

平成19年度=旧SC廃止,平成19年度=仮店舗営業開始,平成19年度1-1物販店舗建設計画申請(建築物総合環境性能評価システム CASBEE名古屋),平成17年度,平成16年度,平成15年度,平成14年度1,平成14年度2

土壌汚染報告[編集]

平成20年3月17日,平成20年1月28日,平成20年3月13日,平成16年5月19日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 旧・愛知紡績で、当施設開業時点では三菱商事の99%子会社。アイテックスは、ザイマックスグループへ移行している[12]
  2. ^ :* 届出形態:旧ワンダーシティ21を廃止し、既存のワンダーシネマ10と統合し、下記の新設店舗を開業することとして申請する。
  3. ^ JRFはニュースリリースで「リニューアル工事による市場環境や今後の内部成長を勘案した結果」売却を決定したと説明している。「まちづくり3法の施行という取得時には想定しえなかった外部的要因を検討し、再開発を前提に三菱商事(株)に譲渡。大規模商業施設として生まれ変わった後、取得を視野に」と説明している[26]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  2. ^ a b c d e f g h 『資産の譲渡に関するお知らせ』 日本リテールファンド投資法人(2007年8月20日)
  3. ^ a b 『21-69-27(廃止):平成21年7月24日届出 ダイヤモンドシティ ワンダーシネマ10:西区二方町』 名古屋市、2009年7月24日。
  4. ^ a b c d e f g h i “ジャスコがキーテナントの名古屋最大級のSC「ワンダーシティ」17日オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1994年3月25日)
  5. ^ a b c d 『資産の取得に関するお知らせ』 日本リテールファンド投資法人(2005年3月30日)
  6. ^ a b “三菱商事が日本リテールファンド投資法人から愛知県名古屋市のワンダーシティを取得”. 建通新聞(建通新聞社).(2007年8月22日)。ただし、契約上は「上小田井SC2合同会社」という特定目的会社への譲渡である(国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ-日本リテールファンド投資法人)。
  7. ^ 一部は株式会社アイテックスおよびその親会社、株式会社ザイマックスからの受託。
  8. ^ “名古屋市内最大級SC「ワンダーシティショッピングセンター」17日オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1994年3月25日)
  9. ^ a b c d 『19-27(廃止):平成19年12月届出 ワンダーシティ21:西区二方町』 名古屋市、2007年12月。
  10. ^ シネマ棟とスポーツ棟は、閉店せず、継続営業。
  11. ^ a b c d “イオンモール、名古屋に「モゾワンダーシティ」グランドオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(2009年5月8日)
  12. ^ ザイマックスグループについて グループ企業一覧 アイテックス”. ザイマックス. 2015年5月4日閲覧。
  13. ^ “ジャスコをキーに名古屋に最大級SC「ワンダーシティ21」来年3月オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1993年2月15日)
  14. ^ “名古屋の「ワンダーシティ21」商圏人口30万想定”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1993年2月15日)
  15. ^ “ジャスコ・二木社長、ワンダーシティSCオープン記者会見で語る”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(1994年3月25日)
  16. ^ “ワンダーシティ、建て替えへ”. 中部経済新聞(中部経済新聞社).(2006年11月14日)
  17. ^ “西区のワンダーシティが店舗面積2倍に”. 中部経済新聞(中部経済新聞社).(2008年1月26日)
  18. ^ 『イオンリテール(株) 5月度営業概況』 イオン (2009年6月12日)
  19. ^ a b c d e 『19-28(新設):平成19年12月届出 上小田井ショッピングセンター:西区二方町』 名古屋市、2008年1月21日。
  20. ^ a b c d “「モゾ」人気店充実 ワンダーシティ 開店前お披露目”. 中日新聞(中日新聞社).(2009年4月14日)
  21. ^ 「mozo wondercity (モゾ ワンダーシティ)」4月21日(火)AM9:00 グランドオープン
  22. ^ 申請上は2009年2月28日[19]の開業とし、近隣向けには2009年4月13日[20]に事前開業している。
  23. ^ 『スポーツクラブ運営事業部門の営業譲渡に関するお知らせ』 ダイヤモンドシティ(2001年8月28日)
  24. ^ 2007年9月22日よりイオンモールの全国の各店舗名が変更いたしました
  25. ^ “イオン、大型SCで中国進出に本腰 開発会社合併効果を発揮”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社).(2007年8月22日)
  26. ^ 「平成19年8月期決算説明会資料 【補足資料】(2008年1月23日公開)」
  27. ^ 今春グランドオープン予定 『mozo wondercity(モゾ ワンダーシティ)』 ショッピングセンターの名称決定のお知らせ