セルース猟獣保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 セルース猟獣保護区
タンザニア
保護区内のルフィジ川沿いの景色
保護区内のルフィジ川沿いの景色
英名 Selous Game Reserve
仏名 Réserve de gibier de Selous
面積 50000km2
登録区分 自然遺産
登録基準 (9), (10)
登録年 1982年
IUCN分類 種と生息地管理地域 (IV)
備考 危機遺産(2014年 - )
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
セルース猟獣保護区の位置
使用方法表示
Selous Game Reserve
IUCNカテゴリIV(種と生息地管理地域)
Selous Game Reserveの位置を示した地図
地域 タンザニア
座標 南緯9度0分 東経37度24分 / 南緯9.000度 東経37.400度 / -9.000; 37.400座標: 南緯9度0分 東経37度24分 / 南緯9.000度 東経37.400度 / -9.000; 37.400
面積 44,800 km²
創立日 1922年

セルース猟獣保護区は、タンザニアにある動物たちの保護区。その名前(ここでの "Game" は狩の対象となる鳥や獣のこと)が表すように、元々は狩猟用の保護区として設定されたものであったが、現在は狩猟が禁止された純粋な保護区となっている。大型哺乳類が万単位で生息し、動物保護区としては世界最大級の面積を誇る。その動物相の多彩さと規模、および人の手がほとんど入ってこなかった点が評価され、ユネスコ世界遺産にも登録されている。

なお、上記の通り現在は狩猟を目的としない保護区となっていることから、日本では「セルース動物保護区」と意訳されることもしばしばである。

歴史[編集]

この保護区の歴史は1905年に始まった。当時ドイツ領東アフリカに含まれていたルフィジ川沿いのこの一帯2500km2を、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が妻アウグステ・ヴィクトリアに贈ったのが最初である。当初は狩猟の好きなアウグステのための独占的な狩猟場として設定されていた。


第一次世界大戦の結果、ドイツ領東アフリカはイギリスのものとなったことに伴い、この保護区もイギリスのものとなった。当時サンバ・ヤ・ビビ(現地語で「妻の土地」)と呼ばれていた保護区は、この時から「セルース猟獣保護区」と改称された。セルースとは、探険家としても知られ、1918年にドイツ領東アフリカの戦闘に従軍して戦死したフレデリック・セルースを記念したものである。

その後の保護区は順次拡大された一方で、何度となく起こった観光開発化の議論に逆らい続け、現在まで続く人の手のほとんど入らない豊かな動物相を誇る巨大保護区へと成長したのである。

動物相[編集]

大型動物[編集]

数万頭から10万頭以上が確認されている大型動物として、ゾウアフリカスイギュウオグロヌーサバンナシマウマインパラなどが生息している。このほか、カバキリンレイヨウなども生息し、密猟によって数は大きく減ってしまったもののサイなども生き残っている。

その他[編集]

猛毒を持つブラックマンバ

この地には伝染病を媒介するツェツェバエや、猛毒を持つブラックマンバなども生息している。人畜にとって非常に脅威となる生物であるが、これらの存在が人を遠ざけたことによって、環境が保持された側面があるのも事実である。

植物相[編集]

確認されている植物は2000種を超える。

地図[編集]

右下に見えるのがセルース保護区

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

参考文献[編集]

  • ユネスコ世界遺産センター(監修)『ユネスコ世界遺産 (12) 中央・南アフリカ』講談社、1997年
  • 中川武 三宅理一 山田幸正(監修)『世界遺産を旅する・第12巻(エジプト・アフリカ)』近畿日本ツーリスト、1999年