キリマンジャロ国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 キリマンジャロ国立公園
タンザニア
キボ峰
キボ峰
英名 Kilimanjaro National Park
仏名 Parc national du Kilimandjaro
面積 753.53km²
登録区分 自然遺産
登録基準 (7)
登録年 1987年
IUCN分類 II(国立公園)
備考 森林地帯である175.53km²を除く
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
キリマンジャロ国立公園の位置
使用方法表示

キリマンジャロ国立公園(―こくりつこうえん)は、キリマンジャロ山域の国立公園。1987年世界遺産に登録された。

概要[編集]

キリマンジャロは、標高5,895mでアフリカ最高峰。また南米のコトパクシ山に並ぶ標高を持つ世界最高峰級の火山でもある。

キリマンジャロの頂上には、氷河が形成されている。この氷河から供給される水で出来た高山湿地帯を始め、標高別に、砂漠、高山湿地帯、高地草原、草原、熱帯雨林と広がっている。

キリマンジャロ山とその周囲の森林は、ドイツ植民地時代の20世紀初頭から保護対象となっていた。1921年に、法的な保護対象となり、タンザニア独立後の1973年、山域の一部75,575haが国立公園として指定された。1987年世界遺産に登録され、自然保護が活発的に行われている。

一方、キリマンジャロ周囲の乾燥化に伴い、山頂の氷河の縮小が懸念されている。

動植物[編集]

動物は、リードバックやバッファローなどの哺乳類。カメレオンなどが生息している。植物では、高山湿地帯には、ジャイアント・セネシオなど、独特の植物も自生している。

ジャイアント・セネシオ
キリマンジャロの森

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。

関連項目[編集]

座標: 南緯3度04分 東経37度22分 / 南緯3.067度 東経37.367度 / -3.067; 37.367