ズー タイクーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ズー タイクーン』(Microsoft Zoo Tycoon)は、2001年マイクロソフトが発売した動物園経営シミュレーションゲーム。日本では2002年3月1日に発売され、2003年10月17日には『ズー タイクーン コンプリート エディション』(以下CE)の名で、拡張パック2種類を含むパッケージが発売された。2013年にはXbox 360及びXbox One版が発売されている。

更に、2004年には続編である『ズー タイクーン 2』(Microsoft Zoo Tycoon 2)が発売された。いずれもニンテンドーDSへ移植されており、本稿ではこれら続編及び移植版も含めて記述する。

ズー タイクーン[編集]

ズー タイクーン
Zoo Tycoon
ジャンル 経営シミュレーションゲーム
対応機種 Microsoft WindowsMacintosh
開発元 ブルーファング・ゲームス英語版
発売元 マイクロソフト
メディア 光学ディスクダウンロード販売
発売日 アメリカ合衆国の旗2001年10月17日
日本の旗2002年3月1日
2003年10月17日(コンプリートエディション)
対象年齢 ESRBE(6歳以上)
テンプレートを表示
ZOO TYCOON DS 動物園をつくろう!
Zoo Tycoon DS
ジャンル 経営シミュレーションゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 THQ
発売元 THQ
日本の旗セガ(後のセガゲームス
人数 1人
メディア DSカード
発売日 アメリカ合衆国の旗2005年10月11日
欧州連合の旗2005年11月11日
日本の旗2006年4月20日
対象年齢 ESRBE(6歳以上)
PEGI3
CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

概要[編集]

40種以上の動物、175種類以上の施設が用意されている。ユーザーメイドアイテムの導入も可能。発売から4ヶ月の間、公式サイト上で毎月一種類の追加アイテムのダウンロードサービスが実施された。

拡張パック[編集]

アメリカでは2種類の拡張パックが発売され、その拡張パックとズー タイクーン本体をセットにしたものがCEである。 日本では拡張パックのみの販売は行われていない。

Dinosaur Digs[編集]

この拡張パックを導入することで、ティラノサウルストリケラトプスに代表される恐竜を動物園で飼育することが可能になる。

Marine Mania[編集]

イルカシャチの水生動物を購入し、ショーをすることが出来る。屋外水族園を作ることが可能。

コンプリート エディション[編集]

オリジナルから約80種増加した全119種類の動物を購入可能。これには拡張パックで追加された動物だけでなく、CEで新たに追加されたものも含む。更に施設やアトラクションの数は約500種類にまで及ぶ。

ニンテンドーDS版[編集]

開発はTHQが手掛け、日本ではセガ(後のセガゲームス)から発売された。日本版には『動物園をつくろう!』というサブタイトルがつく。ゲームプレイ、グラフックスは1作目と似ているが地形がグリッド形式でPC、Mac版のように他の地形とスムーズい合わせない。動物、オブジェクトは1作目と同じ。

チュートリアル/シナリオ、フリーモード、2つのプレイオプションがあり、チュートリアル/シナリオモードでは決められた目標によって多数のミニゲームの難易度が変わる。フリーフォームでは時間無制限、目標も特にない動物園をプレイヤーが作れる。

本作は悪い混在したレビューを受け、GameRankingsでは平均44.96%、Metacriticは44/100で「一般的に好ましくないレビュー」と判定された[1][2]GameSpotのグレッグ・ミュラーはグラフィックスに否定的で「(ゲーム中の)50匹の動物のうちほんの一部のだけが実際のはっきりした見た目になっている。あなたは自然ではない同じ茶色のブロブが2、3あるアニメーションのフレームを繰り返しているのを何度も見ることになる」と述べた[3]。ミュラーは音楽とサウンドエフェクトがほぼ完全に欠如している批判、「あなたはこのゲームを黙々とミュートでプレイすることができる。他の従業員の掃除によるノイズに惑わされるかもしれないがあなたもほうきでノイズを起こすことができる。これは偶然にもプレイするほど楽しいだろう」ともした[3]IGNのダン・アダムスも強く嫌って絶望的な彼の言葉でレビューが始まり、自らに死の警告を送りながら「殺して、私は死にたいだけ。Zoo Tycoon DSは私の目から生き残る意志を吸い取り、苦しい手によって私に何も残さず、私はこの醜いゲームを最後に見たときのことを思い出せず、多くの欠陥がある」とした[4]Nintendo Powerは最も肯定的なレビューでニンテンドーDSで「Zoo Tycoonの体験を忠実に再現」するゲームだと賞賛した[5]

ファミ通クロスレビューでは6、6、5、7の24点[6]。レビュアーは「動物園の設計や動物や客を伺いながらする経営に自由度が深い」「動物の種類が多彩」とした一方「動物がアップで見れないのは拍子抜けで動作やグラフィックに改善の余地あり」「カーソル移動、タッチ操作がうまくいかずストレスを溜める」「枠や道の設置がタッチ操作でできない」「題材からして低年齢向けのチュートリアルが欲しかった」とした他、ゲーム進行に必要な情報について来園者などの声を聞けるようにしてほしかった者と理解するまではやや難解だがヒントが便利ですぐわかるとした者で分かれた[6]

イギリスでは少なくとも30万本売り上げ[7]Entertainment and Leisure Software Publishers Association(ELSPA)から「Platinum」販売賞を受賞した[8]

Xbox 360・Xbox One版[編集]

ズー タイクーン
Zoo Tycoon
ジャンル 経営シミュレーションゲーム
対応機種 Xbox 360Xbox One
開発元 フロンティア・ディベロップメント英語版
発売元 マイクロソフト
メディア 光学ディスクダウンロード販売
発売日 アメリカ合衆国の旗2013年11月22日
日本の旗2014年3月20日(Xbox 360)
2014年4月8日(Xbox 360ゲームオンデマンド)
2014年9月4日(Xbox One)
対象年齢 ESRBE(6歳以上)
CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

アメリカでは同時に発売されたが、日本ではXbox One版がXbox 360版より遅れて発売となった。Xbox One版ではXbox 360版にない動物が追加収録されたほか、KinectXbox Liveのオンライン協力プレイ、Skypeなどに対応する[9]。また2017年10月31日には完全版としてZootycoon:Ultimate AnimalがXbox Liveで配信される予定。

ズー タイクーン 2[編集]

ズー タイクーン 2
Zoo Tycoon 2
ジャンル 経営シミュレーションゲーム
対応機種 Microsoft WindowsMac OS X
開発元 Blue Fang Games英語版Mac Soft英語版、Rapan
発売元 マイクロソフト、Mac Soft
人数 1人
メディア 光学ディスク
発売日 アメリカ合衆国の旗2004年11月9日
日本の旗2004年12月10日
対象年齢 ESRBE(6歳以上)
CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示
ズータイクーン2
ZOO TYCOON 2 DS
ジャンル 経営シミュレーションゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 THQ
発売元 THQ
人数 1~2人
メディア DSカード
発売日 アメリカ合衆国の旗2008年2月5日
欧州連合の旗2008年3月7日
日本の旗2008年3月19日
対象年齢 ESRBE(6歳以上)
CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

概要[編集]

日本では2004年12月10日に発売された続編。30種類の動物と60を超える建物や地形を選択可能。前作との最も大きな違いはグラフィックがフル3Dになったことである。これによりプレイヤー自身が飼育員として動物たちの世話をしたり、来園者の視点から園内を自由に散策できるようになった。

アメリカでは4種類の拡張パック及び、ソフト本体に拡張パックをセットした“ズーキーパー・コレクション”と“アルティメット・コレクション”が発売されている。

拡張パック[編集]

  • Endangered Species
  • African Adventure
  • Marine Mania
  • Extinct Animals

ニンテンドーDS版[編集]

DSワイヤレスプレイによる2人対戦やフリーモードで作ったデータの交換に対応する。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Zoo Tycoon DS for DS”. GameRankings (n.d.). 2018年7月16日閲覧。
  2. ^ Zoo Tycoon DS for DS Reviews”. Metacritic (n.d.). 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ a b Zoo Tycoon DS Review”. GameSpot (2005年11月4日). 2018年6月28日閲覧。
  4. ^ Zoo Tycoon DS”. IGN (2005年11月1日). 2018年7月16日閲覧。
  5. ^ Nintendo Power, November 2005 issue, Page 112
  6. ^ a b ファミ通No.906 2006年4月28日号 51ページ
  7. ^ Caoili, Eric (November 26, 2008). "ELSPA: Wii Fit, Mario Kart Reach Diamond Status In UK". Gamasutra. Archived from the original on September 18, 2017. 
  8. ^ "ELSPA Sales Awards: Platinum". Entertainment and Leisure Software Publishers Association. Archived from the original on May 15, 2009. 
  9. ^ 『Zoo Tycoon(ズータイクーン)』のXbox 360版が3月20日に発売決定 夢の動物園を作ろう”. ファミ通.com (2014年1月9日). 2014年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]